八王子版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

八王子陶芸クラブなどの代表を務める陶芸家で、「美山焼」の作陶展を開催する 工藤 孝生さん 椚田町在住 84歳

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

「自由な可塑性」が魅力

 ○…郷土の土とエコ粘土を配合し、釉薬については「いちょう」の灰釉を用いる。そんな商標登録のある「美山焼」を7年前に譲渡され、今はそこで「土に関するデザイン」を追求する。「陶芸界においては昨今の流通発達に伴い、土についての産地志向は薄れている。人にやさしいデザイン、利益あるものが求められていきます」

 ○…5人きょうだいの3男。平壌で生まれ、青森県で育った。上京し武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)で西洋画を専攻した。その大学時代、知人の窯造りを手伝ったことがきっかけで陶芸に出合った。就職した商社の縁で柳宗理氏から学びを受けたことも大きかった。「絵画だけでなく陶芸もある程度、ものにしないと」。30代に窯を築きその後、「八王子焼窯元」を襲名。現在は複数の陶芸教室で指導をする。

 ○…趣味は西部劇の鑑賞。故郷では親戚が映画館を経営しており、「裏口」から入り色々な作品を見せてもらった。50年以上八王子で暮らし、かつては美術運動を立ち上げたことも。「もっと市民運動が盛んになってほしい。多様化が大切」と地域の将来に期待する。

 ○…教室名に「クラブ」と名付けたのはヨーロッパのサッカークラブをイメージして。「自分たちの練習の場があり、コミュニティが生まれるものを」。そのような趣旨で相模湖にはおよそ130坪の工房を構えている。「ただ、峠を越えないといけないから誰も来てくれないよ」と笑う。一方、改めて陶芸の魅力について尋ねると「土の自由な可塑性とその厳しさが好き」という。志す人に対しては「楽しむことは否定しない。ただ、人様に使ってもらうものだから。しっかり技術を習得してほしい」と訴える。

八王子版の人物風土記最新6

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

城所 幸子さん

今年30周年を迎える宇津貫みどりの会の会長を務める

城所 幸子さん

兵衛在住 71歳

9月9日号

中嶋 廣一さん

今年で70周年を迎える八王子防火防災協会の会長になった

中嶋 廣一さん

元本郷町在住 73歳

9月2日号

米倉 かおりさん

八王子音楽祭の企画プロデューサーを務める

米倉 かおりさん

初沢町在住 31歳

8月26日号

中村 正晴さん

公益社団法人八王子法人会青年部会部会長に就任した

中村 正晴さん

子安町在住 50歳

8月19日号

Sayakaさん

プロバスケ「東京八王子ビートレインズ」によるチアリーダーのディレクターを務める

Sayakaさん

千葉県松戸市在住

8月12日号

Tシャツデザイン画100選

第19回「Tシャツデザイン画」100選入選者、入賞者の発表

https://hachioji.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook