神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2022年4月14日 エリアトップへ

八日町・就労支援作業所 利用者の個性、絵画に 初の展示会 セレオで5月

社会

公開:2022年4月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
作品を手にするシアターキーさん(左)と井上さん
作品を手にするシアターキーさん(左)と井上さん

 八日町の就労継続支援B型作業所を運営する「NPO法人しあわせのたね」が5月6日(金)から15日(日)まで、セレオ北館で初の絵画展を開催する。八王子市、タウンニュース社ほか後援。

 同所の利用者10人ほどが色鉛筆や水彩画、パソコンなどで描く個性豊かな作品が並ぶ。

「次の線が見える」

 利用者の井上至高さん(36)とシアターキーさん(24)はコラボ作品を出展する。井上さんが描くペン画に、シアターキーさんが色付けしたもの。井上さんの作品は、切り絵のような太さの強弱をつけた線が特徴。女性、抽象、動物など、モデルはなくイメージで描いている。下書きはせず、一度描いた線を消すことはしない。「次にどこに線を描けばいいのか見える」という。

 井上さんは7、8年前、はがきに1千枚の絵を描くことを自らに課した。当時はポスターカラーで色付けも。「追われるように描いていたけど苦痛ではなかった」と当時を振り返る。

 1千枚描き上げると「これからは神経を使わずに休みながら描いていいのかな」と、以来、絵に色を付けていないという。

「色 浮かび上がる」

 そんな井上さんの絵をシアターキーさんは同所でたまたま見た。「見た瞬間色が浮かび上がってきた。どうしてもこの絵に色をつけたい」と井上さんに申し出たという。

 パソコンを使用し、色付け作業に要する時間は30分程度だという。「浮かんだ色を当てはめていくので、時間はかからない。井上さんの絵には感情がある。それを大切にしたい」と話す。井上さんは「色彩感覚が豊か。僕とはちがう塗り方で任せられる人」と満足する。コラボ作品は100点近く。絵画展では2人が選ぶ作品を展示する。

 会場は同館9階のフォレストガーデン。問い合わせは同団体【電話】042・649・7085。

※本紙・Web限定記事に詳細を掲載
※本紙・Web限定記事に詳細を掲載

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のローカルニュース最新6

八王子市長杯こども将棋大会

ハンドメイド市

ハンドメイド市

21・22日 八日町で

6月15日

混声合唱の定期演奏会

混声合唱の定期演奏会

アンサンブルJ

6月14日

災害時のペット支援で協定

災害時のペット支援で協定

市とヤマザキ動物看護大

6月13日

小田原でタマネギ収穫体験

愛宕小

小田原でタマネギ収穫体験

5年生が姉妹都市交流

6月13日

垣根ない音楽祭

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook