八王子版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

二人の花園、30年愛で 暁町 木下さん夫妻

社会

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 赤、黄、ピンク、色とりどりのバラは70鉢、ざっと30種類以上。アジサイやダリア、モッコク、キンモクセイ、サザンカにスイセン--。暁町に住む木下照一さん(79)と祥子さん(76)=写真=が家庭園芸に傾注する、40坪ほどの庭が舞台だ。草花や花の咲く庭木に、ブドウやデコポンといった果物も加え、四季折々の植物を丹精込めて育てている。

 植木好きの祖父に、花が趣味だった母親と、園芸一家だった照一さんの家族。「本で調べながら、小さな苗から花を育てるのに夢中だった」という妻の祥子さんは、30年くらい前から室内でセントポリアなどを手がけるように。家中が鉢でいっぱいになると、庭でバラを育て始めた。「香りに癒される。手間はかかるけれど『この子にはこうしてあげたい』って世話をしてると、時間はあっという間」と心を寄せる。照一さんは「美しいものを見ると気持ちがリフレッシュできる」と笑顔をみせる。

 「趣味は草取り」と2人。庭の維持管理のため除草をはじめ水やり、剪定など手入れは年中休みなし。雨に含まれる雑菌や葉などに付く害虫対策として、梅雨をはじめ年4回は大がかりな消毒作業を照一さんが担う。定年前は植木屋に依頼していた刈り込みも、今では照一さんの役割に。何でも独学で知識を重ねる。祥子さんは「ツツジもきれいに丸く刈ってくれる」と目を細める。力仕事では土づくりも大切な要素。照一さんが複数の土を混ぜ、2年に1回は庭中の土を入れ替える。

 季節ごとに開花する花々は、照一さんが写真を撮って親戚や知人にスマホで送信するのが習慣だ。「愛情を込めて接すると、草花たちは応えてくれる。できるうちは精いっぱいやりたい」と2人。二人三脚はこれからも続く。

開花したバラ=6月2日
開花したバラ=6月2日

八王子版のローカルニュース最新6

鏑木清方 美人画一堂に

鏑木清方 美人画一堂に 文化

没後50年、新町で作品展

6月23日号

たまメッセでイベント

きらら亭40周年

たまメッセでイベント 社会

7月末まで 出展者募集

6月23日号

「まちの駅」 多摩信に開所

「まちの駅」 多摩信に開所 文化

八王子中央支店 食や環境、交流テーマ

6月23日号

水行道場で修行を体験

水行道場で修行を体験 文化

7月、参加者募集

6月23日号

8月号表紙写真を募集

8月号表紙写真を募集 政治

市議会だより

6月23日号

走り方 プロに学ぶ

走り方 プロに学ぶ スポーツ

富士森公園でこ30日

6月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook