神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2023年11月9日 エリアトップへ

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空 第2回 作者/前野 博

公開:2023年11月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 (前回からのつづき)そのリボンが燃え、火の雨のようになり、八王子の町に小型焼夷弾が降り注いだのであった。人家に激突し、爆発し、閃光を発し、火を撒き散らした。勿論、逃げ惑う人々の頭の上にも降ってきた。B29爆撃機は、八王子の町に、六十七万七百五十本のM50焼夷弾を投下していったのである。火が火を呼び、合流し、旋風を巻き起こし、破壊的な大火災となった。町は火柱を噴き上げて燃え上がり、炎熱地獄の中を人々は逃げ惑ったのであった。

 近所の家の塀が、バリバリと音を立てて燃え上がった。キミは、由江の手を握り、体を硬くした。足はすくんでしまっていた。

 隣の家の防空壕の蓋が閉められた。

 「キミちゃん、行くわよ!」

 由江がキミの手を引っ張り、火の手が上がっていない浅川の方へ向かって駆け出した。背後の市街は、真っ赤な火炎に包まれ炎上していた。激しい雨音のような音を立て、焼夷弾が無数に落ちてきた。地上に激突して、閃光を発して爆発し、四方八方に火を噴き出した。

 「危ない!」

 由江がキミの体を抱くようにして、引き止めた。前方を走っていた若い男の背中に焼夷弾が直撃した。背負っていたリュックが燃え上がり、火玉が飛び散った。男ははじけるように地面に叩きつけられ、身動き一つしなかった。降下してきた焼夷弾が、男の背中で爆発したのであった。キミが一歩先に出ていれば、爆風と飛び散る火炎を直接浴びるところであった。由江の衣服や防空頭巾から白煙が立ちのぼっていた。

 2.認知症

 明るいのは嫌だと、キミは言う。

 「外は、明るく晴れて気持ちがいいよ。山は紅葉で色づいてとてもきれいだ。雪を被った富士山も遠くに見えるよ」

 隆は、カーテンを少し開けて、西の山並みを見た。

 「苦しいよ!

 苦しいよ!

 何とかしておくれ」

 いつものことであった。     〈つづく〉

◇このコーナーでは、揺籃社(追分町)から出版された前野博著「キミ達の青い空」を不定期連載しています。

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のコラム最新6

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第9回 作者/前野 博

6月13日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第12回(最終回) 変わること、変わらないこと

6月6日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第8回 作者/前野 博

5月9日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第11回 最近の若者は

5月9日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第7回 作者/前野 博

4月11日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第10回 「学ぶ姿勢」は年齢不問

4月4日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook