神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空 第7回 作者/前野 博

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

 (前回からのつづき)

由江は、二年の間、大野理髪店の手助けに行っていたことになる。その間に、キミの腕は上達し、理容師として十分仕事ができるようになった。

 

 昭和十九年六月、マリアナ沖海戦において、日本海軍は壊滅的敗北を喫し、西太平洋の制空権と制海権は、アメリカ軍の支配するところとなった。アメリカ軍は、八月には、サイパンとテニアンに飛行場を建設し、航空兵力の増強をはかり、日本本土爆撃の攻撃態勢を整えていった。

 日本本土空襲の迫る中、政府は、大都市防空の足手まといとなる、老人や子どもを地方へ疎開させる計画を立てた。この八王子市とその周辺の町や村にも、親元を離れた子ども達が続々と到着し、寺や公会堂などの施設に宿泊して疎開生活を開始したのであった。

 

 「今日は、学童疎開の子ども達の散髪だそうよ」

 八王子の理容組合から、勤労奉仕に出向くようにとの要請が来て、キミと由江は、市役所前からトラックの荷台に乗せられた。トラックは、市内から離れ、元八王子村の方へ向かった。山の木々が紅く色づき始めていた。キミと由江の他に、三人の女性の理容師が同乗していた。皆、顔なじみだし、年齢も近く、勤労奉仕というと大体一緒に動員されていた。

 荷台の真ん中には、麻袋が積まれていた。

 「何が入っているのかしら?」

 キミが麻袋に手を触れた。

 「芋ですよ。子ども達の食事です。ようやく届いたのです。子ども達が腹を空かせて待っています」

 荷台の端に座っていた戦闘帽に国民服の男が、顔を上げた。女達は一様に驚いた顔をした。皆、荷台の端に座っているのは、年配の気難しい男だろう位にしか思っていなかった。戦闘帽を深く被り、下を向き、本を読んでいた。大声で話したり、笑い声を上げたりしたら、

 「この非常時を、お前らは、何と思っているのだ!」   〈つづく〉

◇このコーナーでは、揺籃社(追分町)から出版された前野博著「キミ達の青い空」を不定期連載しています。

八王子版のコラム最新6

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第10回 作者/前野 博

7月4日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第9回 作者/前野 博

6月13日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第12回(最終回) 変わること、変わらないこと

6月6日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第8回 作者/前野 博

5月9日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第11回 最近の若者は

5月9日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第7回 作者/前野 博

4月11日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月24日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook