神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年5月9日 エリアトップへ

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空 第8回 作者/前野 博

公開:2024年5月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

 (前回からのつづき)

と、怒鳴られそうな気がした。実際、色々な場所で、若い娘達はよく怒られていた。おしゃれも、お化粧もできない。昭和十九年の秋、モンペ姿に防空頭巾、それが女性の外出時の制服となっていた。

 痩せてはいるが、目元の涼しい、優しい感じの若い男性が、キミの方を見てニッコリ笑った。

 「ハァ!」

 キミは目を丸くして、男の顔を見た。由江も、仲間の三人の女達も、男の方を見たまま、唖然としていた。

 若い男は珍しかった。多くの若い男が軍隊に召集されていたからだ。

 「僕は、品川区の国民学校の教員で、村上と言います。今日、八王子の床屋さんが勤労奉仕に来て、子ども達を散髪してくれると聞いていました。君達がそうなんですね?」

 「そうですよ。私達が生徒さん達の散髪に行きます」

 由江が声を上げ、村上の視線を自分に引き付けた。

 トラックが砂埃を巻き上げ、走って行く。時折、道路の凹みにタイヤが入り、突き上げる震動に体が浮き上がった。キミの気持ちも何かふあっと舞い上がったような感じがした。

 ―この男の人は、東京の国民学校の先生だという。やはり、ちょっと、八王子の男達とは違う。誰か分からないけれど、俳優さんに似ている。素敵な人だ!

 キミは、一度に楽しい気分になった。

 トラックは次第に、疎開児童の宿泊施設である元八王子村の公民館に近づいて来た。トラックの荷台では、由江が一人占めするかのように、村上と話をしていた。キミは、村上とその後ろの移り行く景色をぼんやりと眺めていた。

4.徘徊

 施設から緊急の電話が入った。

 日暮れが早くなっていた。四時、少し暗くなっていた。隆の妻は、朗読の会があるからと言って、外出していた。

「キミさんの姿が見えないんです」 〈つづく〉

◇このコーナーでは、揺籃社(追分町)から出版された前野博著「キミ達の青い空」を不定期連載しています。

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

八王子版のコラム最新6

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第9回 作者/前野 博

6月13日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第12回(最終回) 変わること、変わらないこと

6月6日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第8回 作者/前野 博

5月9日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第11回 最近の若者は

5月9日

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

―連載小説・八王子空襲―キミ達の青い空

第7回 作者/前野 博

4月11日

創価女子短大の場合

学びの先端って、どこ?

創価女子短大の場合

第10回 「学ぶ姿勢」は年齢不問

4月4日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook