神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

八王子・台湾友好交流協会 寄贈パインで異文化理解 中学給食に特別メニュー

教育

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
台湾で親しまれている献立を再現した給食を味わう第四中の生徒たち
台湾で親しまれている献立を再現した給食を味わう第四中の生徒たち

 市内38校の市立中学校と義務教育学校などで、台湾・高雄市の特産品「金鑚(きんさん)パイナップル」が、給食の献立として5月9日から10日にかけて提供された。

 八王子と台湾の市民交流を推進する「NPO法人八王子・台湾友好交流協会」(黒須隆一理事長)から、台湾産パイナップル約1300kg(約765個)の寄贈を受けた市が実施したもの。給食を通じて台湾の魅力を知り関心を高めてもらおうと、現地で親しまれている献立と一緒に提供された。

 八王子市と高雄市は海外友好交流都市として、双方の祭りへの出演や学生の派遣などの相互交流を続けている。同協会からの金鑚パインの寄贈は、昨年に続き2回目。黒須理事長は「おいしいパイナップルを食べて、台湾や高雄市に興味をもってもらえれば」と期待を寄せる。

食で興味深めて

 パイナップルは、砂糖と白ワインで煮た「コンポート」に。これに甘辛く煮た豚肉をご飯にかけた「ルーローハン」、卵スープの「タンファータン」といった台湾の定番料理が並んだ。

 元本郷町の第四中学校(生徒数248人、北川大樹校長)では、9日にこの給食を提供。青少年海外派遣団員として昨年12月に高雄市を訪れた第五中の生徒の体験記が校内に貼りだされたほか、給食中には高雄市のプロモーションビデオを流すなど、文化理解が図られた。金鑚パインを食べた井上和士さん(3年)は「甘くておいしい」と絶賛、生徒会長の池田理紗さん(同)は「台湾東部沖地震の募金活動をしたこともあり、給食を通じて、より台湾に興味を持った。これから交流の機会が増えればうれしい」と話した。

 給食後には、台湾メディアや生産者らに向けたビデオメッセージを収録。カメラに向かって感謝と友好の言葉を伝え、笑顔で手を振った。

 市学校給食課は「昨年はパインだけを提供したが、今回は台湾の食文化も知ってもらえればと現地の料理を再現した。高雄市との友好交流を深めるきっかけになれば」と思いを込める。

提供された給食
提供された給食
台湾へ送るビデオメッセージも収録した
台湾へ送るビデオメッセージも収録した

八王子版のローカルニュース最新6

幻の絞り染め なぜ消えた

幻の絞り染め なぜ消えた

八幡町で文化講演会

6月20日

南部選手 優勝を報告

インドネシアプロサッカー

南部選手 優勝を報告

副市長を表敬

6月20日

リユースカップを推進

ここにも見つけた!SDGs

リユースカップを推進

東京八王子ビートレインズ

6月20日

環境フェスに1万5000人

環境フェスに1万5000人

参加型の学び、盛況

6月20日

2校合同でキャリア教育

南大沢小・柏木小

2校合同でキャリア教育

職業体験で社会の仕組み学ぶ

6月20日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月20日

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook