多摩版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

諏訪・馬引沢エリア 商店の魅力知る「まち歩き」 参加者が各体験も

社会

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena
コーヒーの淹れ方を体験した参加者
コーヒーの淹れ方を体験した参加者

 馬引沢・諏訪地域福祉推進委員会(伊東伸浩委員長)は12月8日、地域の魅力を再発見し、地域内の顔が見える関係づくりを目的とした”体験型”の「馬引沢ウォークラリー」を実施した。地域住民37人が参加し、馬引沢通りの17の企業・商店を回りながら、コーヒーの淹れ方、魚のさばき方などを体験し、住民同士、店舗との交流を深めた。

 同委員会は、地域の住民や関係機関が連携し、困りごとや課題を解決するための支え合いづくりを目的に、多摩市社会福祉協議会が設置を進めている委員会のひとつ。月に一度、見守りウォーキングを実施している他、ハーモニーカフェが運営する「誰でも食堂」に参加し交流するなどの活動を行っている。

 今回、行われた「ウォークラリー」は昨年に続いて2回目。同地域の中心となる「馬引沢通り」には70近い企業・店舗があるものの、委員会の中でも知らない、行ったことがない人もいたという。また商店会がなく店舗同士のつながりが少ないという話から、住民に店を知ってもらうと同時に、住民と店舗、店舗間でのつながりを創出し、地域を盛り上げようと企画された。

 昨年は、通り沿いの18店舗を歩いて回り、オススメ情報や、緊急時に電話やトイレが使えるかなどをヒアリング。その結果は、同委員会の石井賢國さんが色鉛筆で描いた各店舗の絵と地図を一緒に載せて、委員会広報誌で地域に配布した。

 今回は、諏訪中学校の生徒有志も企画から参加し、より店舗が身近に感じられるようにと、”体験型”として企画。参加者は「家庭科」「カフェ」「健康まんぷく」など7コースに分かれて、それぞれ店舗を回り、酵素風呂や魚のさばき方、コーヒーの淹れ方などを体験した。また、こども110番への協力の有無や災害時の備え、オリンピックに向けて取り組みたいことなどもヒアリング。街歩きの後に、参加者全員で、そうした店舗情報を報告し合った。その結果は、来年2月に発行予定の広報誌で再度紹介、地域に配布する予定だ。

地域の活性化へ

 今回、体験に協力した「和亭」は「こうした企画は大歓迎。つながりができれば相互作用で人も集まる。またぜひ協力したい」と企画を称賛。参加した諏訪中学校の生徒も「この辺のお店はいつでも行けると思って見ているだけだった。こうした機会をもらってありがたい。美味しいコーヒーの淹れ方も丁寧に教えてもらい楽しかった」と感想を話していた。伊東委員長は「みんな楽しんでくれて成功だった。この地区はオリンピックのロードレースのコースになっている。商店と一緒になって盛り上げていけるように、来年に向けて企画を提案していきたい」と意欲を見せていた。

多摩版のトップニュース最新6

「食品ロス」応援求む

多摩市

「食品ロス」応援求む 社会

飲食・小売店 PRを支援

12月2日号

多摩と稲城 交流50年

多摩と稲城 交流50年 社会

合同で取り組み 協力進む

12月2日号

走るスーパー店員を育成

鶴牧出身会沢さん

走るスーパー店員を育成 スポーツ

監督としてNY駅伝導く

11月18日号

近隣地域で最多 活動進む

市内NPO法人

近隣地域で最多 活動進む 社会

背景に住民意識の高まり

11月18日号

「レンガ坂」来年改修へ

「レンガ坂」来年改修へ 社会

拡張し、イベントにも対応

11月4日号

多摩NT再生へ力

UR都市機構

多摩NT再生へ力 社会

コンパクトシティ目指す

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook