多摩版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

市9月補正予算案 約12億円を新たに追加 18歳以下に図書カード等

政治

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 9月1日に開会した第3回多摩市議会定例会で8日、一般会計補正予算案(第5号)が審議され、可決された。補正予算額は9億3919万円。さらに会期中には、新型コロナウイルス対策が中心となる12億2374万円の一般会計の追加補正予算案(第6号)が新たに提出され、最終日の30日(水)に審議される。今年度、2度の臨時会、6月の定例会でコロナ対策を中心とした補正予算を組んできた多摩市。第6号補正予算案では、0歳から18歳以下の子どもたちに一人5千円の図書カードを支給する「子ども未来応援支給事業」など、市独自の対応策が盛り込まれている。

 市では今年度、新型コロナウイルスへの対応として、国だけでなく市独自でも様々な施策を打ち出してきた。8日に審議された第5号補正予算案は、独自のコロナ対策6594万円に加え、(仮称)市民活動交流センター・多摩ふるさと資料館の北貝取小学校跡地の整備費3億6640万円など、計画の着実な実施にかかる事業費等を含む9億3919万円が可決された。

 同感染症の影響から当初予定していた事業実施時期を見直し。旧南永山小学校解体工事の延期、中学校大規模改修工事の期間延長、関戸公民館大規模改修の延期などが見直され、総額8億1433万円が減額補正となった。コロナ対策としては、市内事業者に対する事業資金貸付あっせん制度の保証料補助を半額から全額にする経済支援の拡充に1197万円、市制施行50周年プレイベント「オンライン文化祭」の事業費1000万円、図書館の電子書籍をパソコンやスマートフォンなどから借りて読むことができる電子図書館サービスの導入に2158万円などが組み込まれた。

キャッシュレス決済で30%還元

 一方、追加で提出された第6号補正予算案の額は12億2374万円。こちらはコロナ対策にかかる事業費が中心で、独自策として10億1267万円が盛り込まれている。

 主な内容は、コロナ禍で様々な制約のある生活を過ごす子どもたちへの支援として、0歳から18歳以下の子どもたちに一人5千円の図書カードを支給。受験や就職といった次のステージへの準備を進めている15歳、18歳の子どもたちに図書カードに加えて一人3万円の商品券(クオカード)を支給する「子ども未来応援支給事業」に2億2373万円を計上。

 市内経済の活性化、新しい生活様式として、キャッシュレス決済利用の導入を促進するため、キャッシュレス決済による30%のポイント還元事業に3億4966万円を盛り込んだ。加えて、コロナと季節性インフルエンザの同時流行を見据え、コロナに感染した場合は重症化リスクが高まることから、今年度優先的に接種が推奨されている高齢者等に、これまで自己負担額だった2500円を公費負担とする予防接種事業に1億2448万円が計上されている。第6号補正予算案は9月定例会最終日となる30日に審議される。
 

多摩版のトップニュース最新6

市民と行政、協働で支援を

市民と行政、協働で支援を 社会

永山北公園で「コロナ相談会」

10月22日号

損保会社と包括協定

多摩市

損保会社と包括協定 社会

協働して地域づくりを

10月22日号

オンラインで「市民文化祭」

市制50周年記念

オンラインで「市民文化祭」 文化

地域の学校らが活動発表

10月8日号

海を渡った手作りメダル

都立多摩桜の丘学園

海を渡った手作りメダル 教育

離島の青ヶ島小中学校へ

10月8日号

避難方法・行動を確認

関戸・一ノ宮住民有志

避難方法・行動を確認 社会

台風等に備え市と協議

9月24日号

約12億円を新たに追加

市9月補正予算案

約12億円を新たに追加 政治

18歳以下に図書カード等

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

郷土史講座 関戸公民館で

11月4日~11月18日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク