多摩版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

市内在住砂間さん 多摩「五輪代表」1号に 競泳・背泳ぎで

スポーツ

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
選考会で力泳する砂間さん
選考会で力泳する砂間さん

 多摩市在住の砂間敬太さん(25歳・イトマン東進所属)が8日、競泳の男子200m背泳ぎで東京五輪出場を決めた。所属する会社が立ち上げた愛宕にある競技者向けのプールで練習を重ねての栄冠。「今回の五輪に出場する、多摩市民第1号と思う」と市の担当者は話している。

 選考会となったのは、4月上旬に江東区で行われた水泳の日本選手権。優勝候補の一角として臨んだ砂間さんは予選、準決勝を順当に通過すると、決勝では、この種目の第一人者で所属チームの先輩でもある入江陵介選手にスタートから付き、中間の100mを2位で通過。ゴールが近づくにつれ、ラスト50mでかわされ五輪出場を逃がした5年前の選考会の記憶が蘇ったというが、今回は「がむしゃら」な力泳をみせ、2位で逃げ切った。

 タイムは1分56秒22。日本水泳連盟が定める五輪の派遣標準記録をおよそ1秒上回り、自身初の五輪出場を決定づけた。「予選、準決と余裕をもって、と臨んだが、身体が思うように動かなくて不安だったが、気持ちの問題だったと思う。五輪出場は素直にうれしい。積極性は忘れないようにした」と砂間さんは笑顔をみせる。

2年前から

 奈良県出身の砂間さんが市内で生活するようになったのは、2年前。

 母校である中央大学(八王子市)を卒業後、現在所属する競泳の名門イトマン東進に就職し、愛宕のプールや引き続き中大で練習を積むことになったため、「より練習に集中できるように近場へ」と考えたのだという。「多摩の自然豊かな点が気に入っています。練習後のリラックスにつながる」と砂間さんは街のことに触れ、聖蹟桜ヶ丘駅周辺で食事や買物をすることが多いのだという。

 五輪出場が決まり、現在は強化合宿に入っているところというが、課題である「前半のスピード」の強化をしていきたいと話す。

 「今大会で最初の100mを57秒で入ったが、世界基準は54秒。よりテンポ速く泳げるように練習を積んでいきたい」と意気込みを語る。また、多摩市民に対しては「持ち味の積極性を見てもらいたい。私の笑顔も」と語っている。

 市の担当者は「多摩、第一号。ぜひ取材し、応援させてもらいたい」と快挙に興奮冷めやらない様子で話している。

五輪出場を確信し、歓喜した
五輪出場を確信し、歓喜した
「笑顔を忘れずに競技に取り組みたい」という砂間さん
「笑顔を忘れずに競技に取り組みたい」という砂間さん

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

多摩版のトップニュース最新6

多摩大・寺島学長講座に評

多摩大・寺島学長講座に評 社会

地域に「小さな親切」

10月21日号

「性別関係なく」全校で

都立高入試

「性別関係なく」全校で 教育

定員の1割 来年実施へ

10月21日号

自宅療養者にオンライン

自宅療養者にオンライン 社会

多摩地域限定 「安心に」

10月7日号

多摩NT商店街「見直して」

多摩NT商店街「見直して」 社会

31日催し 子育て世代が企画

10月7日号

パラ五輪で再び注目

桜ヶ丘いろは坂

パラ五輪で再び注目 社会

脚光浴び四半世紀

9月23日号

多摩の街と共に50年

市内アマチュア無線グループ

多摩の街と共に50年 社会

記念交信カードを発行

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook