神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

被災地復興支援企画のトークセッションでファシリテーターを務めた 渋下 すみれさん 落合在住 21歳

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

音楽通して成長続ける

 ○…桜ヶ丘商店会連合会による東日本大震災復興支援企画。20日に行われた企画のトークセッションでファシリテーターを託された。第1回目の交流コンサートから携わっていたこともあり選ばれた大役。「参加してくれた小中学生や福島の皆さんの協力があってなんとかできた」と謙遜するが、事前準備や震災について学び、当日になって参加者と打ち合わせをしてトークセッションを成功させた。

 ○…「福島しあわせ運べるように合唱団」を招いて行った最初のコンサートに参加したのは小学生の時。東落合小の合唱部に所属していたことが縁だった。「当時は舞台に立つことでいっぱいでした」と話すが、交流企画の大切さに気づいたのは中学生の時。原発避難者がいじめにあっているということが話題になり「みんなはひとりじゃない」というメッセージを舞台で発信、多くのメディアに取り上げられた。「一人ひとりがつながれば大きな力になる。震災を自分ごとに考えられるようになりました」

 ○…3歳からピアノを習い、落合中の吹奏楽部などで腕をみがいた。幼いころから音楽の仕事をすることに憧れ、中学生の時には小学校の音楽教師になることを夢に描いていた。東京学芸大学の教育学部に通い教師をめざす。「多摩市のことならなじみがあるので、市内の学校で先生になりたいですね」と微笑む。

 ○…福島の合唱団によるステージを見た時「とても感銘を受けた。福島の方が話す言葉や表現には当事者ならではの迫力があった」と振り返る。当事者でなければ震災の記憶も薄れてしまうことを危惧し、交流企画のような催しの必要性を感じている。「歌でつないで震災を忘れない。音楽の力はすごいなと改めて思いました」

多摩版の人物風土記最新6

城所 久夫さん

4月1日付で多摩市消防団の団長に就任した

城所 久夫さん

連光寺在住 61歳

4月25日

高瀬 喜重子さん

創立50周年を迎えたわかば卓球クラブの代表を務める

高瀬 喜重子さん

一ノ宮在住 86歳

4月11日

渋下 すみれさん

被災地復興支援企画のトークセッションでファシリテーターを務めた

渋下 すみれさん

落合在住 21歳

3月28日

中山 京子さん

マリアナ政府観光局から名誉観光大使として表彰された

中山 京子さん

多摩市在住

3月14日

松崎 雄大(まつざき ゆうすけ)さん

3月24日に開かれる「せいせきさくらがおかメリーゴーランド」を共同主催する

松崎 雄大(まつざき ゆうすけ)さん

関戸在住 42歳

2月29日

清原 惟さん

映画「すべての夜を思いだす」の監督・脚本を務めた

清原 惟さん

多摩市出身 31歳

2月15日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook