大和版 掲載号:2014年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

ハンゲショウが見頃  上草柳 泉の森

 泉の森(上草柳)の湿生植物園で「ハンゲショウ」が見頃を迎えている=6月25日撮影。

 ハンゲショウはドクダミ科の多年草で水辺に生え、ドクダミと似た臭気がある。 名前の由来は、半夏生(夏至から11日目、7月2日頃から七夕頃までの5日間)の頃に花を咲かせることに由来する。葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」という別名もある。また、茎の先端の葉数枚の表面が一部分だけ白く変わるので「片白草(カタシログサ)」とも呼ばれている。

 ハンゲショウは、七夕を過ぎると白さが抜け、緑の葉に戻るという。問い合わせは、自然観察センターしらかしのいえ/【電話】046・264・6633へ。 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク