大和版 掲載号:2014年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

新教育長に就任した 柿本 隆夫さん 横浜市青葉区在住 60歳

物事は変えられる

 ○…10月1日に開かれた教育委員会臨時会で新教育長に任命された。任期は15年9月30日まで。任期半ばで辞職した前教育長の後任だ。「重責であることを日に日に感じています」とかみしめるように話す。職員のパワハラを助長した教委を巡る一連の不祥事。「市民の皆さまへの信頼回復が何よりも大前提。まずは委員会内部の風通しをよくすること。青少年相談室のシステム見直しなどを盛り込んだ再発防止策を10月目途に発表したい」と方向性を示す。「大変だけど頑張ってください、というみなさんの声に励まされます。重い責任を感じながらも、大和の子どもたちのために、市民のために汗をかいていきたい」と決意を述べる。

 〇…都留文科大学国文科を卒業後、大和市立光丘中学校に勤務。その後、各中学校の教諭を経て、大和中学教頭、引地台中学校長、下福田中学校長を歴任。14年3月に定年退職し、同年再任用で現場教諭に復帰した。「行政経験は初めて。教育を長いスパーンで考える立場に。現在第4期教育基本計画を策定中です。将来の子どもたちにとって何が必要なのかを見極めていきたい」。来年度から、小中学校が2学期制から新3学期制になる。「2学期制が持つ良さを活かしながら、授業時間を確保するのが鍵です」。各校の特色ある学校づくりのなかで、移行準備が進められている。

 ○…海老名市出身。教師になろうと思ったのは、中学、高校の国語の先生の影響だ。「それぞれが自由な発想の先生。正解を自分で自分なりに考えればいいという教え方は衝撃でした」。中・高の頃はヘミングウェイの本を愛読。大学では民俗学研究会に所属し、山深い地域などに入り土地の風俗や習慣を調べた。今でもトレッキングやキャンプが好きで、北海道まで車で行くことも。『物事は変えることができる』が信条。「それを信じることで第1歩が踏み出せます」。新教育長の手腕に注目が集まる。

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク