大和版 掲載号:2015年10月2日号 エリアトップへ

やまとオレンジプロジェクト 認知症カフェが1周年 共生の地域・社会へ

社会

掲載号:2015年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 大和市西鶴間の高齢者デイサービス施設「デイサービスハッピー鶴間」を会場にして、月1回開いている「オレンジカフェ@やまと」が1周年を迎えた。

 主催するのはやまとオレンジプロジェクト(石井直樹代表)。オレンジカフェ@やまとは大和市初の認知症カフェとして昨年9月にスタートした。9月20日に開かれた第13回カフェには、介護者や認知症当事者の方だけではなく、元気なお年寄りらも参加。ボランティアとして、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、言語聴覚士などの専門職の他に、20代、30代の若者らも会場を訪れた。

 参加者からは1周年を祝って、泉の森のドングリの粉で作ったシフォンケーキやお手製の菓子などの持ち寄りもあり、フロアは終始和やかな雰囲気だった。

 石井代表は「介護を続けていると介護疲れなどが生じてくる。話すだけでも楽になることがある。一人で抱えこまないで、気軽に集える場所として来ていただければ。専門職もいるので介護の相談にのることもできます」と話す。

 オレンジカフェ(【電話】046・283・3900)は毎月第3日曜日・午後1時から4時まで開催。次回は10月18日に開く。参加費は無料(出入自由)。

厚労省推進プラン

 認知症カフェ(オレンジカフェ)は、厚生労働省が認知症施策推進5カ年計画(通称・オレンジプラン)の中に位置づけ、介護者や認知症者を地域で支え合う仕組みとして全国的に注目されている取り組み。県内では横浜市、相模原市、鎌倉市などで開催されている。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

老舗酒造と地元農家を救う

安田物産

老舗酒造と地元農家を救う 社会

給食に日本酒原料の酒米使用

10月22日号

ICレコーダーを寄贈

大和地区事業場防犯連絡協議会

ICレコーダーを寄贈 社会

10月22日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

10月22日号

美容院が美術館に

美容院が美術館に 社会

収益を市立病院に寄付

10月22日号

「こんなの撮れた!」写真展

市子連主催

「こんなの撮れた!」写真展 教育

鶴間ヨーカドーで25日まで

10月22日号

ロックミシンの作品展

ロックミシンの作品展 文化

南林間 原ミシン商会

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook