大和版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

市内地価、ほぼ横ばい 住宅地は中央林間で上昇

経済

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 国土交通省はこのほど、2016年1月1日時点での全国の公示地価を発表した。大和市での対前年平均変動率は、住宅地は0・2%と微増し、商業地はマイナス0・1%と微減した。

住宅地最高は25万6千円

 今回の市内住宅地の地価調査は新たに5地点加わり27地点で行われた。1平方メートルあたりの平均価格は18万2000円(前年18万3300円)。そのうち12地点では、前年と価格の変動はなかった。

 最高価格は「中央林間3丁目4145番54」の25万6000円で、対前年の変動率は2・4%増。同じく、「中央林間2丁目4303番25」でも対前年2・1%増の24万5000円となっている。

 一方、市内では対前年変動率がマイナスとなった住宅地もある。「桜森2丁目320番6」、「上和田宇新道444番15」では、ともにマイナス1・3%となった。

 商業地は新たに1地点増え5地点を調査。1平方メートルあたりの平均価格は、29万7800円(前年32万7500円)だった。「大和東1丁目1069番12」(大和駅前)ではマイナス0・2%と微減し、58万9000円(前年59万円)。残る4地点では、新たに加わった1地点を除き価格の変動はなかった。

海老名は地価上がる

 県内近隣地域では、海老名市で平均地価が上昇している。住宅地、商業地とも変動率はプラスとなり、商業地では対前年比2・4%だった。

 地価公示は、適正な地価を形成していくための指標・基準として年1回実施されるもの。2人以上の不動産鑑定士の鑑定結果をもとに国土交通省の土地鑑定委員会が判定をする。鑑定評価を行う地点は「標準地」といわれ、今回は1747地点が対象。前年に比べ226地点増えた。

大和版のローカルニュース最新6

沖縄・軽石除去に

沖縄・軽石除去に 社会

市内災害ボラが支援受付

11月26日号

15年の歴史に新たな2台

大和JC

15年の歴史に新たな2台 社会

社協に車いすを寄贈

11月26日号

過去最多の50施設が参加

げんきっこアートフェス

過去最多の50施設が参加 教育

11月26日号

ポラリスがエントリー

公共建築グランプリ

ポラリスがエントリー 社会

30日まで投票呼びかけ

11月26日号

食べて応援スタンプラリー

食べて応援スタンプラリー 文化

大和市国際化協会が企画

11月26日号

1回戦は徳山大学

皇后杯

1回戦は徳山大学 スポーツ

大和シルフィード

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook