大和版 掲載号:2018年1月26日号
  • LINE
  • はてぶ

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める 齋藤 正果(まさかつ)さん 市内中央在住 76歳

「為せば成る」の精神で

 ○…市内で活動するサークルが、日頃の成果を発表する2月3、4日の生涯学習センターまつり。センターがシリウスに移転してから初めての開催で、30回目の節目でもある記念の年に実行委員長を務める。「シリウスでは会場が3つに分かれるので、いかに一体感を持たせるかが鍵。30回目というより、シリウスでの1回目だということに責任を感じ、何とか成功させなければ」と真剣な表情で語る。委員長の思いに応えるように、各サークルも熱を入れて準備を進めている。

 ○…実行委員会はサークルの代表者らで構成され、自身も「大和篆(てん)刻の会」の会長。篆刻は15年ほど前、「やってみたい」と近くに住む母親が言ったことをきっかけに一緒に始めた。書道、彫刻、版画などの要素が複合していることを魅力に感じ今になるまで続けている。

 ○…新潟市の海岸近くの生まれ。横田めぐみさんの家も近かったという。幼い頃は海岸で泳ぎ松林を駆け回って育ち、野球も得意なスポーツ万能少年。大学進学を機に上京し、建築関係の仕事に就き、最終的に社長にまでなった。子どもが所属した少年野球チーム「大和イーグルス」の監督を務めたことから地域で顔が広がり、地域活動の要職を任されるように。現在は地区体育振興会理事長、草柳コミセン管理運営委員会長など多数兼務する。「計画し実行する。地域の課題を『プラン&ドウ』で解決していくことが好き」と話す姿は経営者そのもの。日常でも「週2回の水泳、月数回のゴルフ」を組み込んで楽しみ、健康維持につなげている。小1の孫と遊ぶのも元気の秘訣だとか。

 ○…「為せば成る」の精神を貫き、活動の原点は常に「行動」。行動の成果は自信になり、論語「七十にして心の欲する所に従えども矩をこえず」の通り、最近は心のままに行動しても規範に違うことはないと感じるようになったという。間近の祭典に向けても、行動に全く迷いはない。

大和版の人物風土記最新6件

島田 正由さん

大和市防火安全協会の会長を務める

島田 正由さん

10月19日号

佐野 由騎(ゆうき)さん

全日本サーフィン選手権大会シニア部門で優勝した

佐野 由騎(ゆうき)さん

10月12日号

柴田 保さん

「ねっとわ〜く福田北協議体」の会長を務める

柴田 保さん

10月5日号

石井 功さん

大和地区日本中国友好協会の会長を務める

石井 功さん

9月28日号

岩崎 清一さん

振り込め詐欺への注意を呼びかける看板を設置した

岩崎 清一さん

9月21日号

松下 沙織さん

世界最高峰のエベレスト登頂を成功させた

松下 沙織さん

9月14日号

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り作家の祭典 新たに

手作り作家の祭典 新たに

綾瀬で「ララ マルシェ」開催

11月10日~11月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク