大和版 掲載号:2018年4月6日号 エリアトップへ

月例県政報告 35  〜議会報告 「創造的破壊こそ課題解決の処方箋」 神奈川県議会議員(無所属)菅原直敏(すがわらなおとし)

掲載号:2018年4月6日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県議会議員としての任期もあと一年となりました。昨年同様、4月29日(日)に渋谷学習センター多目的ホールにて、菅原直敏の議会報告を兼ねて講演会を開催します。

 さて、介護・福祉の世界に入り5年が経ちました。職場とする介護現場だけではなく、障害、保育、生活困窮、更生施設、時には海外のスラム街など、様々な現場を踏査してきました。また、福祉の4大国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士を取得して、自分自身の知見と実践も深めてきました。

 ここまで、いわゆる「福祉」というものにどっぷり浸かってたどり着いた私の答えは、「既存のやり方を続ける限り社会課題は満足に解決することができない」ということです。既存のやり方とは、ひたすらお金と人のみを引っ張って、物事を解決していこうという方法です。なぜなら、少子高齢化が急激に進展する日本において、人とお金はどんどん縮小していくからです。

 ではどうするべきなのか?それは、今までの私たちの「常識」から一旦離れ、異なった視点からのアプローチをすることです。つまり、既成概念を壊すのです。これを私は「創造的破壊」と呼びます。

 例えば、行政は高齢者、子供保育、障害と縦割りで制度を作りますが、それが問題を生むことがあります。障害のある人が65歳になると、障害福祉から介護保険のサービスに変わることで、サービスが減ったり負担額が増えたりする「65歳の壁」問題はその好例です。

 今回の講演会は各地域で「創造的破壊」を行っている実践者をパネリストに迎え、皆さんの常識を覆す提案をしていきます。是非、足をお運びください。

 3名のパネリストは左記の通りです。



菅原直敏

大和市福田1974-10-302

http://nao.tv

大和版の意見広告・議会報告最新6

大和市の教育行政について

9月市議会定例会一般質問より 活動報告

大和市の教育行政について

大和市議会議員 小倉隆夫

10月22日号

リトルベビーハンドブック

県政報告

リトルベビーハンドブック

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

10月1日号

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

意見広告

とことん、こつこつ5年半。徹底して「草の根」活動!

立憲民主党 衆議院神奈川13区 総支部長 太(ふとり)ひでし

9月24日号

コロナ対策で予測モデル

県政報告

コロナ対策で予測モデル

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

8月27日号

夜間中学、相模原市に来春設置

県政報告

夜間中学、相模原市に来春設置

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

7月30日号

障害者手帳、カード形式を導入へ10月から選択可能に

県政報告

障害者手帳、カード形式を導入へ10月から選択可能に

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

7月2日号

太ひでし事務所

大和市大和東3-7-11大和東共同ビル101号

https://futori.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook