大和版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

災害時、ヒーローは私たち 10代の防災プロジェクト始動

社会

(左上から)横森君、吉田さん(右上から)戸川さん、高橋君、金城さん、
(左上から)横森君、吉田さん(右上から)戸川さん、高橋君、金城さん、
 神奈川県内の高校生・大学生が、災害や防災についてざっくばらんに語り合う『ちょこっと語ろー会』が2日、シリウスで行われた。この日集まった5人の高校生・大学生は、災害時に「自分たちにできる事、自分たちにしかできない事」を中心に、遠慮することなく意見を戦わせた。

 5人が災害や防災に感心を持つきっかけとなったのが2011年3月11日に起きた東日本大震災。

 逗子開成高校1年の高橋虎太郎君は当時小学2年生で「3・11を覚えている最後の世代」と言われる。「中学時代にボランティアをしたくても経験しづらかった。将来的に何が自分にできるのか、会を通して先輩たちから学んでいきたい」と会に参加した経緯を話した。

 大学1年生の吉田駿さん、金城彩葉(いろは)さんと高校3年生の戸川美羽さんは、同じ高校の先輩・後輩。3人は高校時代に宮城県での被災地交流を体験しており、「手伝うだけでなく、何が起きているのか、何が必要なのかを伝え、広めることも役割」(戸川さん)、「災害を無くすことはできないが、自分たちのような若者が主役になることで、被害は減らせる。神奈川県の防災に寄与したい」(吉田さん)と経験から得た”自分たちにできる事”を語った。金城さんは「これまでの経験を神奈川県内で活かすのはここ。情報発信機関になりたい」と意気込み、自分たちの活動名を『災害ヒーロープロジェクト』と命名、皆からの賛同を得た。

 この日の話し合いを終え、大和東高校3年の横森皇陽君は「大人がいない環境で、高校生・大学生が1つのテーマで語り合うことは、普段中々ないのでとても貴重」と会の意義を語った。今後は、11月に予定されている「かながわ学生福祉防災大会」への参加を念頭に、活動の認知度を上げるため、県内各地のイベントへの参加や、防災倉庫の見学ツアーなどの企画も検討していくという。

大和版のローカルニュース最新6件

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り作家の祭典 新たに

手作り作家の祭典 新たに

綾瀬で「ララ マルシェ」開催

11月10日~11月10日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク