大和版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

歌って防止、振り込め詐欺 桜ケ丘地域バンド「SKB」

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
揃いのTシャツ、かつら、レイをつけたSKBのメンバー(左から、田所さん、兼森さん、北爪さん)
揃いのTシャツ、かつら、レイをつけたSKBのメンバー(左から、田所さん、兼森さん、北爪さん)

 年々増え続けていた振り込め詐欺の被害は、本紙でも既報の通り、大和署管内で今年に入り減少傾向にある。コンビニに注意喚起のチラシを配布するなど水際での対策が功を奏している中、オリジナルの啓発ソングで、被害削減に一役買っているのが、桜ヶ丘の地域バンド「SKB」だ。

 バンドのリーダーで、福田地区の民生委員を務める田所武雄さん(70)。

友人と高座渋谷で開催されている「湘南軽音楽フェスタ」を観に行った際、会社のOBらと組んだバンドで出演していた上和田の北爪正路さん(75)の姿を見つけ、「自分も地元でバンドをやりたい」と声をかけた。

 北爪さんと同じ上和田に住む兼森幸子さんが、自宅近くでギターを肩に担いで歩いている北爪さんの姿を見かけたのは、ちょうど同じ頃。「北爪さんがギターをやっているなんて知らなかった」という兼森さんは、勇気を振り絞って「ギターを教えてほしい」と頼んだ。北爪さんを中心に偶然の出会いから、「それならば」と、3人でバンドを結成する運びとなった。2016年3月のことだった。

 練習は桜ヶ丘の自治会館で。月2回の練習では同世代同士、童謡から歌謡曲、フォークソングなど好きな曲を練習。少しずつレパートリーを増やしていった。

 SKBの活動が世に出だしたのは、民生委員をしている田所さんの計らい。地域の福祉施設の慰問や、市社協が介護予防のために市内のコミュニティサロンで開催している「ひまわりサロン」などで、日ごろの成果を披露するようになると、少しずつ出演依頼が舞い込むようになる。メンバーは、利用者に少しでも楽しんでもらおうと、アフロヘアーのかつらを着用したり、レイをつけたりと格好にも工夫を凝らすようになった。

 慰問や民生委員の活動の中で、田所さんは「振り込め詐欺」の被害が減少しないことを目のあたりにする。「何とかしなくては」の思いから高齢者への注意喚起のために、オリジナルソングを作ることをひらめく。曲は、田所さんが息子を騙る犯人役、兼森さんが犯人から電話を受ける母親役、北爪さんが被害を未然に防ぐ銀行員役。曲の途中で台詞やナレーションが入り、会場からの合いの手を呼びかけるなど、楽しい内容になっている。

 今後は7月のひまわりサロンやスミール桜ヶ丘での慰問、8月には桜ヶ丘自治会の納涼の夕べなどで披露される予定。

6/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

令和最初の議員総会

令和最初の議員総会 経済

大和商工会議所

6月14日号

「国民の声に耳傾けて」

「国民の声に耳傾けて」 社会

東京新聞・望月記者が講演

6月14日号

市県人会連合会が総会

市県人会連合会が総会 社会

47組織設立をめざす

6月14日号

無料阿波踊り教室

無料阿波踊り教室 文化

市内各所で4回開催

6月14日号

散歩にプラス腹式呼吸

散歩にプラス腹式呼吸 スポーツ

新健康ウォークをマスター

6月14日号

小学生が番組制作

FMやまと

小学生が番組制作 教育

上和田小が担当中

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格ドリップ講座

本格ドリップ講座

6月26日 先着10人

6月26日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク