大和版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

県政報告 特別支援学校の通学支援の拡充を! 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
代表質問で通学支援の拡充を要望
代表質問で通学支援の拡充を要望

 県立特別支援学校では、高等部の知的障害教育部門の生徒は、卒業後の自立と社会参加に向け、自力通学を基本としています。しかし、障がいの程度などにより自力通学が難しい生徒もおられます。

 県では、スクールバス乗車の希望がある場合には、バスの空席の状況を勘案しながら、乗車を認めてきました。しかし、保護者の方々からは、「自力で通学するのが難しいが、スクールバスに空席がなく、車で毎日送り迎えをしている。乗車できるようにしてもらいたい」との声を数多く伺っています。

 そこで、9月の代表質問で桐谷次郎教育長に対し、「生徒や保護者の状況や思いに寄り添った対応を考えていくべきであり、一人ひとりのニーズを踏まえた通学支援を行っていく必要がある」と迫りました。

スクールバスの増便・介助員の配置を検討

 これに対し教育長は、【1】1人では公共交通機関の利用ができないものの、支援があれば通える生徒には、自力通学に向けた通学練習のための介助員の配置を検討していく、【2】障害の状態で、介助員がいても公共交通機関での通学が難しい生徒には、スクールバスへの乗車を検討していく―と答弁しました。

 具体的には、現行のスクールバスは、学校単位でみると、登校・下校毎に空席状況がまちまちという状況があるため、バスの運行経路を地域全体で見直し、1台のバスを隣接する複数の学校の生徒が利用できるようにするなど、柔軟で効率的な運行体系を工夫。その上で、必要なバスの増車も検討していく予定です。

大和版の意見広告・議会報告最新6

盲ろう者支援センターがオープン

県政報告

盲ろう者支援センターがオープン

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

11月15日号

立腰(りつよう)と子育て「腰を立てた生活」を考えてみませんか?

県議3期目をスタート

県政報告

県議3期目をスタート

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

5月1日号

「多選自粛」決議の意義

意見広告

「多選自粛」決議の意義

大和市議会議員 小田 博士

4月12日号

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

意見広告

大和と綾瀬が歩調を合わせる時ではないか

笠間 信一郎

4月12日号

政治に女性の力を!

活動報告

政治に女性の力を!

国民民主党・総支部長 太 栄志

4月5日号

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

二桜舎 14日で閉廊

二桜舎 14日で閉廊

クリスマス展開催中

12月3日~12月14日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク