大和版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

(PR)

業界初!画期的な工法‼ プレカットリフォーム誕生 工期短縮、騒音・粉塵軽減

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena

 リフォーム現場に画期的な工法が誕生した。工期の短縮、騒音・粉塵の軽減、安定した施工品質の提供など、注文者への負担が大いに軽減する「プレカットリフォーム」工法だ。(特許取得/第6482139号)。

 新築工事の現場などで多く採用されているプレカット工法を、リフォーム現場でも使用できないかと、『一般社団法人プレカットリフォーム研究協会』(豊崎道則代表)が長年、研究してきた。

 新築でのプレカットは図面通りに部材をあらかじめ加工することで、現場での作業を減らし効率を図るものだが、リフォーム現場には向かない工法だった。それは現状に合わせて施工するので、事前に加工した部材を使用することができなかったためだ。

 プレカットリフォーム工法は、その問題を解決するため、事前に徹底して正確な採寸をすることで問題をクリアすることに成功した。特許も取得し、業界初の工法として大手建築会社や建材メーカーなどが現場を見学するなど業界で大注目となっている。

近所迷惑も安心

 マンションや一戸建てでも、リフォームするときに気になるのがご近所への心配。施工中の騒音や粉塵の飛散など、近隣へ影響も気になるもの。この工法では、加工は事前に自社工場で行うため現場での騒音は少なく、粉塵の飛散もほぼ発生しないのが特徴。騒音も粉塵も軽減できるので、小さなお子さんがいる家庭での施工も可能となった。

休みに合せて施工

 事前に加工するので工期が短縮できるのも特徴で、【1】採寸(工事なし/1時間ほど)→【2】工場で部材カット→【3】施工(1〜2時間)の3ステップ。採寸と施工をそれぞれ違う日に行うため、「火曜日しか時間が取れない」という人も、採寸と施工を3、4週間空ければ無理なくリフォームできる。また施工時間をしっかり管理できるため、日をまたいで施工することがないのも安心。

施工品質の確保

 この工法は精度の高い採寸を行い、事前に加工するので、職人の経験や技術力による施工品質のバラつきがなく、安定した高品質の施工を提供できることも魅力。

フローリング

 現在、このプレカットリフォーム工法は、フローリングで技術が確立されている。畳からフローリング、古いフローリングからのリフォームも可能。出入口の段差をなくすバリアフリーにも対応している。

 「依頼主様にもリフォーム企業にとっても画期的な工法です。今後、可能な工法を増やし幅広いリフォーム工事を提供していきます」と同協会。

プレカットリフォーム研究協会

大和市深見東3-6-4

TEL:046-211-4946

https://www.precut-reform.or.jp/

大和版のピックアップ(PR)最新6

障がいある子の「学びの場」に

障がいある子の「学びの場」に

南林間駅前に放課後デイが開所

7月3日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム

「所有の不動産買います」

スピード現金化 最短48時間

7月3日号

ひざの痛みありませんか?

座間総合病院「WEB健康講座」

ひざの痛みありませんか?

7月3日5時から配信スタート

6月26日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

6月5日号

無料でカーエアコン点検

本格的な夏を迎える前に 読者限定

無料でカーエアコン点検

(株)オート電機が、先着20人まで受付

6月5日号

大好評!エアコン丸洗い

大好評!エアコン丸洗い

「お掃除機能付き」こそカビ要注意

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク