大和版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

ねんりんピック太極拳 過去最高の2位 狙うは20年初V、21年地元V

スポーツ

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
(後列左から時計回りに)高橋さん、多田傑さん、桑原さん、佐藤さん、多田美穂子さん、大野さん、天野さん
(後列左から時計回りに)高橋さん、多田傑さん、桑原さん、佐藤さん、多田美穂子さん、大野さん、天野さん

 和歌山県で開催されたねんりんピック紀の国わかやま2019」の太極拳に神奈川県代表として出場した大和市チーム「ウイングフラッシュ」が、大和市チームとして過去最高成績となる2位に入った。

 「ねんりんピック」とは、60歳以上の高齢者を中心とするスポーツ、文化、健康と福祉の総合的な祭典である全国健康福祉祭の愛称で、1988(昭和63)年から毎年開催されている。

 大和市チームは監督をの大野麻美さん(69)、高橋純臣さん(61)、多田傑さん(60)、桑原信一さん(66)、佐藤明さん(70)、多田美保子さん(60)、天野光さん(72)の7人。大野さんが市内の太極拳教室の中からメンバーを選抜。大野さん、天野さん、佐藤さん、桑原さんは2016年の長崎大会で3位に入った経験を持つ。チームは今年1月の県大会で優勝、和歌山大会出場を決めており、大会に向けて週1回、合計120時間にも及ぶ練習を積み重ねた。

 大会には都道府県及び政令指定都市の代表50チームが参加。競技は曲に合わせ、4分以内のオリジナルの集団演武を披露、5人の審判のうち、最高点・最低点をつけた2人を除く3人の平均点で競う。

 「ウイングフラッシュ」は演武を終え、和歌山県チームと同点首位。ルールにより点数の基準となった3人の審判の最低点で比較。ここも同点となり、5人の審判の最高、最低点をつけた2人の平均で比較、ここで0・02の差がつき、惜しくも2位となった。

 ねんりんピックは2021年大会が神奈川で開かれ、太極拳は大和市のスポーツセンターが会場になることが決まっている。監督の大野さんは「来年の岐阜大会で優勝し、地元大会をディフェンディングチャンピオンとして迎えたい」と目標を語る。2020年の出場チームを決める県大会は来年1月26日(日)、海老名で行われる。チームの練習は始まっており、チーム最年長の天野さんは「今回の反省を活かし『さすが』と言われる演武をしたい」と意気込みを語った。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

おいしく食べてキレイに

おいしく食べてキレイに 社会

入場無料 栄養士が講演

1月17日号

小学生が番組制作

FMやまと

小学生が番組制作 教育

22日から深見小が担当

1月17日号

はじめよう生涯学習

はじめよう生涯学習 文化

1月18日まで IKOZA

1月17日号

情熱のカルメン

情熱のカルメン 文化

1月26日 5組10人招待

1月17日号

新年の安全願い、演技

新年の安全願い、演技 文化

大和市消防出初式

1月17日号

命は唯一の宝物

命は唯一の宝物 社会

母の会が千羽鶴を贈呈

1月17日号

重圧はねのけV5

大和市駅伝

重圧はねのけV5 スポーツ

大会史上初・大和北A

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク