大和版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

下福田地区 15年経て住民の思い実現 土地区画整理事業が完了

経済

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
大木市長に報告に訪れた(左から)関水理事長、松川清理事、(右)上野岩雄副理事長
大木市長に報告に訪れた(左から)関水理事長、松川清理事、(右)上野岩雄副理事長

 市内福田の土地区画整理事業が今年3月末に完了し、大和市下福田土地区画整理組合(関水正幸理事長)の役員らが7月17日、大和市役所を訪れ、大木哲市長に報告した。

 この事業で施行されたのは、高座渋谷駅から徒歩10分ほどの「下福田地区」で約3・9ヘクタールの土地。道路や下水道は未整備で、主に農地として利用されてきたが、農業離れによる後継者の減少が予想され、無秩序に宅地化されることが懸念されていた。

 そこで地元地権者らは、有効な土地活用をはかり新たな住環境を創造するため、2006年から活動を開始。07年に街づくり検討会、08年に準備会を設立し、話し合いや市への届け出などを行ってきた。16年には同組合が設立され今年3月末の施行完了まで、理事会や総会をはじめ、工事の入札や検査の立ち合いなど、事業を進めてきた。

完成記念誌を作成

 同組合では、これまでの歩みを記録するために「完成記念誌」を作成し関係者などに配布した。

 関水理事長は約15年間の事業を振り返り、「ずっと手付かずの状態だった下福田が、宅地として使えるよう成し遂げられ良かった。事業が終わると、昔の様子は分からなくなってしまうので、記念誌にすることで記録に残しておければ」と話した。

相鉄線「さがみ野駅」徒歩10分

墓石撤去不要墓を新設。樹木葬墓、動物墓も。

http://www.ji-n.net/search/jiin_detail.cgi?id=366

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

「自助があっての共助」

「自助があっての共助」 社会

 市内で大地震想定 中林氏が解説

3月5日号

「共生」テーマに、文化比較

「共生」テーマに、文化比較 教育

渋小5年生が成果披露

3月5日号

中学校区別で3部制に

2021やまと成人式

中学校区別で3部制に 教育

3月5日号

反射材で事故防止

反射材で事故防止 社会

エイビイで交通安全キャンペーン

3月5日号

自治会館から講座配信

自治会館から講座配信 社会

チャット機能で質問も

2月26日号

成人式をプレゼント

成人式をプレゼント 社会

美容組合大和支部

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク