大和版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

ハードな熱戦に、球場大興奮 大和で日本女子ソフト開幕

スポーツ

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
(上から)開幕戦に先発した上野投手、間一髪セーフ、ソフトボール少女たちの視線の先に上野投手
(上から)開幕戦に先発した上野投手、間一髪セーフ、ソフトボール少女たちの視線の先に上野投手

 第53回日本女子ソフトボールリーグ1部の試合が9月5・6日、大和スタジアムで行われた。

 当初3月開幕予定のリーグは新型コロナウイルスの影響でこの日が開幕戦に。リーグ加盟の12チームが一会場に集結するのも、残りのリーグ戦で有観客で行われるのも大和だけとあって、2日間合わせて3200人を超える観衆が集まった。

 大和スタジアムでの試合開催は大和市が「トップスポーツ観戦デー」の一環として誘致に成功し実現した。

 開幕戦には、北京五輪金メダリストの上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)や山田恵里選手(日立)をはじめとする日本代表候補や各国の代表選手が出場。

 試合は猛暑の中、サヨナラホームランあり、延長戦あり、と熱戦の連続。二刀流選手として活躍する藤田倭(やまと)選手(太陽誘電)は、自らホームランを放ち、さらに完投勝利を収めるなど「大和」の地でその名を轟かせた。一方、連覇を目指すチームの開幕投手を任された上野投手は、最速116Kmの直球を投げ込んだが、4イニングで6失点と打ち込まれ大敗を喫するなど波乱の試合展開に。2日目は豪雨で中断もあったが、無事に6試合が終了した。

(左から)元メジャーリーガー岡島秀樹投手の“ノールック始球式”、グラブをはじいたボールは無情にもスタンドに、大和で大活躍の藤田倭選手
(左から)元メジャーリーガー岡島秀樹投手の“ノールック始球式”、グラブをはじいたボールは無情にもスタンドに、大和で大活躍の藤田倭選手

大和版のローカルニュース最新6

独立リーグに3人が入団

独立リーグに3人が入団 スポーツ

BBCスカイホークス

1月21日号

ドカベン像も喪に服す

大和スタジアム

ドカベン像も喪に服す スポーツ

1月21日号

市長ら4氏に出席求める

特別委員会

市長ら4氏に出席求める 社会

1月21日号

クリーニングで地域貢献

クリーニングで地域貢献 社会

全国で展開、市内店舗が参加

1月21日号

コンサートで防災講話

コンサートで防災講話 社会

2月13日(日)、シリウス

1月21日号

ゴルフ場で凧揚げ大会

ゴルフ場で凧揚げ大会 教育

松原学園幼稚園

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook