大和版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

渡邉園 梅田さん夫妻 「私たち、大和のバイデンよ」 実家・静岡の茶葉を売り半世紀

社会

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
バイデン氏と同世代でもある梅田秀雄さん(左)、安代さん夫妻
バイデン氏と同世代でもある梅田秀雄さん(左)、安代さん夫妻

 来週20日に就任式を迎える米国のバイデン次期大統領。就任すれば、歴代最高齢となる78歳の大統領だが、そのバイデン氏と同世代で、「大和のバイデン」と称する夫婦が大和市にいる。大和駅近くの新橋通り商店街で茶葉販売「渡邉園」を営む梅田(うめだ)秀雄さん(76)、安代さん(75)夫妻だ。

 妻・安代さんは、地域で「サッカー大好きおばさん」として有名な存在。W杯に出場する日本代表を応援に現地まで応援に駆けつけるほど。「もう『おばさん』って歳ではなくなってきたから、(梅田を音読みして)これからは大和の『バイデン』でいこうと思って」と笑う。

 渡邉園は1968(昭和43)年に開業。静岡県出身の安代さんは、都内の服飾系の専門学校に進学し上京、当時駅員をしていた秀雄さんと出会った。やがてふたりは結婚を考えるも、両親は猛反対。安代さんの実家は、藤枝市で100年以上茶葉を販売する老舗で、安代さんはその長女だった。専門学校を卒業後2年ほどは実家に戻ったが、両親の反対を押し切り、結婚。実家の茶葉倉庫が大和市にあったことから、店を開くことにした。「結婚してもそのままでは食べていけないから、そこでお茶を売ればいいんだって」。

夫婦2人3脚で繁盛店に

 数年後には、秀雄さんも鉄道会社を退職し、ふたりで店を切り盛りするようになった。秀雄さんは、「寿司屋へ外商に行ったり、他店にも卸したりしてね。最初の頃、わからない事は毎日のように義父に電話して聞いていたね」と振り返る。数年後には、大和市を代表する繁盛店に。銀座通りと新橋通りに2店舗を出店し、駅まで続く長蛇の列を作った。現在も年2回の売り出しの際には多くの人が並ぶ。

 細かいことは気にせず、お祭り好きで明るい性格の安代さん。様々なアイデアを思いつき、着実にこなしていく秀雄さん。「どちらかといえば、私がトランプで、主人がバイデンかしら」。

大和版のローカルニュース最新6

学童で成人を祝う会

地域家族しんちゃんハウス

学童で成人を祝う会 教育

一足早く門出を迎え

1月15日号

オンラインで子育て応援

おもいやり弁当無料配布

おもいやり弁当無料配布 社会

16日 コアラ食堂

1月15日号

話そう、シングルマザー

話そう、シングルマザー 社会

16日 ははこと会

1月15日号

マスターズ金メダル目指し

マスターズ金メダル目指し スポーツ

上草柳・佐藤さんが優勝

1月15日号

合唱団員募集

求む男性の歌声

合唱団員募集 文化

綾瀬でオペラを!の会

1月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク