大和版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

県政報告 大和綾瀬児相を新設へ 4月1日に運営開始 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 児童虐待などの相談が急増していることを受け、神奈川県は児童相談所を再編し、「大和綾瀬地域児童相談所」を新設。4月1日から運営を始めます。所管区域は大和市と綾瀬市で、中央児童相談所(藤沢市)の建物内に整備されます。

児相の組織が大規模化

 相談件数の増加に伴う職員の増員で、児童相談所の組織が大規模化しており、迅速・的確に対応できる運営体制を確保していく必要があります。

 特に中央児相(藤沢市、茅ケ崎市、大和市、寒川町を所管)、厚木児相(厚木市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村を所管)は、年間相談件数がそれぞれ2千件を超え、職員数もそれぞれ100人を超えるなど、早急に所管区域を見直し、規模の適正化を図る必要があります。

 そこで県では、中央児相から大和市、厚木児相から綾瀬市を切り離し、大和綾瀬児相を立ち上げることにしました。

将来的には大和・綾瀬市内へ移設を!

 大和綾瀬児相は、大和警察署や厚木保健福祉事務所大和センターとも所管区域が一致することから、虐待対応の更なる連携強化が期待できます。

 一方、設置場所を中央児相内にした理由について、県では「建物を新築する場合、調査や設計、工事など、開設まで少なくとも4年程度かかる。その間にも、事案への迅速な対応に支障が生じる懸念があるため」と説明しています。

 しかし、設置場所は所管区域内にあることが望ましく、私は「将来的には大和市内か綾瀬市内で適地を探し、移設してもらいたい」と強く要望しています。

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

コミセン下鶴間会館 移転へ

議会報告

コミセン下鶴間会館 移転へ

大和市議会 副議長 小倉隆夫

3月26日号

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

議会報告

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

大和市議会議員 福本たかふみ

3月26日号

市民の幸福のための施策実現目指して

市政報告

市民の幸福のための施策実現目指して

公明党 大和市議団

3月26日号

小田急線踏切内の歩道が拡幅

県政報告

小田急線踏切内の歩道が拡幅

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

3月26日号

大和正風会

大和市議会 会派 議会活動報告

大和正風会

3月19日号

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

活動報告

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

大和市議会議員 古木 邦明

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter