大和版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

県政報告 県立がんセンターがんゲノム医療を拡充 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 がんの組織などを用いて、多数の遺伝子を同時に調べることで、一人ひとりのがんの特徴がわかり、より適した治療を選べる可能性がある「がんゲノム医療」。

 神奈川県立がんセンター(=写真)は「がんゲノム医療拠点病院」に指定されており、遺伝子を調べる「遺伝子パネル検査」を2019年8月から行っています。

 現在、この検査に保険が適用されるのは、標準治療(治療効果や安全性が確認され、医学的に最も推奨される治療)を終了した患者さんなどに限られています。

 しかし、標準治療を受けている間に、がんが進行してしまうことも少なくなく、たとえ保険が適用されなくても、治療の初期段階から、がんゲノム医療を受けたいという声が寄せられています。

 そこで、公明党県議団は今年2月の代表質問で黒岩祐治知事に対し、「こうした声に応えるべき」と訴えました。

保険適用外検査も開始

 知事は「がんセンターではこれまでの実績により的確な治療法が提案できる体制が整ったことから、本年4月より、保険適用外である初期段階からのパネル検査も開始する」と答弁。「早い段階で原因となる遺伝子変異が明らかになれば、がんが進行する前に適切な治療を受けることが期待できる」と述べました。

 お問い合わせは、がんゲノム診療相談センター【電話】045・520・2211へ(受付時間 平日 午前9時〜午後4時)。

「ポツンと一軒」住宅展示場

地域密着工務店、藤井工務店「住まいのコトなら何でも相談できるモデルハウス」

https://rarea.events/event/132515

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

24万人に8つの駅、大和型の戦略と実行で商工業活性を

意見広告

24万人に8つの駅、大和型の戦略と実行で商工業活性を

大和市議会議員 福本たかふみ

6月24日号

市は議決なく接種事業開始

ワクチンデータに深刻な不正が発覚 市政報告

市は議決なく接種事業開始

大和市議会議員 石田 裕(虹の会)

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

市民置き去りの引地台公園駐車場の再編に異論あり

意見広告

市民置き去りの引地台公園駐車場の再編に異論あり

大和市議会議員 福本たかふみ

5月20日号

地域防災は二の手、三の手を

意見広告

地域防災は二の手、三の手を

大和市議会議員 青木まさし

5月6日号

コロナ禍と厳しい財政下、公園に高額な施設は今必要か

意見広告

コロナ禍と厳しい財政下、公園に高額な施設は今必要か

大和市議会議員 福本たかふみ

4月29日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook