海老名版 掲載号:2013年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

相模川漁連 「今年のアユは大きめ」 あす1日の解禁を前に試釣

社会

釣れたアユは10cmから20cmほどだった
釣れたアユは10cmから20cmほどだった

 あす6月1日のアユ漁解禁を前に5月26日、相模川漁業協同組合連合会(木藤照雄会長)が相模大橋付近で試し釣りを行った。例年よりも大きい体長10cmから20cmほどのアユが釣り上げられ、関係者は「今年は期待できる」と話した。

 この日は同会の組合員5人が川に入り竿をふるった。1本の糸に5つほどの釣り針を付け川底を転がして魚を引っ掛ける「ころがし」と呼ばれる漁法で試釣。1時間半ほどで、250匹のアユを釣り上げた。

 関係者は「試し釣りでこれほど大きいアユが釣れるのは珍しい」と話し、木藤会長は「大雨が少なく、河川の状態が良かったことが、生育につながった」と分析した。

 漁連では解禁へ向けて、4月から相模川や中津川の中・上流部に約250万匹・12万トンの稚アユを放流。今後、解禁日後の釣果を見ながら、6月、7月にも随時、放流を続ける予定だという。

 また、4月から5月にかけて社家の堰で行われた調査では、約250万匹の天然アユの遡上を確認。木藤会長は「遡上数も例年に比べて多く、体長も例年よりも大きい。シーズン当初から楽しんでもらえるだろう」と話した。

 相模川でのアユ漁は10月14日まで可能。釣りをするには川沿いのコンビニエンスストアや釣具店などで販売されている遊漁券(1000円)が必要となる。問合せは同漁連【電話】046・210・3033まで。
 

海老名版のトップニュース最新6件

集会所の設置、全国初

宅配ロッカー

集会所の設置、全国初

7月27日号

口腔ケアで健康寿命延伸

全国初事業

口腔ケアで健康寿命延伸

7月27日号

22日は「市民まつり」へ

ごみ有料化の方針公表

海老名市

ごみ有料化の方針公表

7月20日号

市が保険料負担

認知症徘徊対策

市が保険料負担

7月13日号

類似ブロック塀、撤去へ

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク