海老名版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

情報誌などで海老名の魅力発信 市とJAF 観光・産業振興で協力

社会

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
調印書を持つ内野市長と行天JAF神奈川支部事務所長
調印書を持つ内野市長と行天JAF神奈川支部事務所長

 海老名市と一般社団法人日本自動車連盟神奈川支部(JAF神奈川支部)が3月24日、地域観光振興などを目的とした協定を結んだ。JAFが自治体と協定を締結するのは県内では初となる。

 ロードサービスなどを行う「JAF」は今年1月時点で全国に約1780万人の会員を持ち、会員向けの情報誌「JAF Mate(ジャフメイト)」や「JAF PLUS(ジャフプラス)」を年間を通じて発行している。今回の協定締結は、まちのブランディングを進めたい海老名市と情報誌にドライブ情報や優待施設などを掲載することで、会員向けサービスの拡充を図りたいJAF側の思惑が一致した。

 JAFは2012年から首都圏の自治体とのタイアップを進めており、これまでに28市町村と協定を結んでいる。2012年に自治体として全国で初めてJAFと協定を結んだ千葉県多古町では、町とJAFが協力しさまざまな催しを企画。さつまいも収穫や田植えなどの「体験会」のほか、地元の高校生が栽培した野菜などを使った特別メニューをオークラ千葉ホテルで提供するイベントを情報誌などを通じて周知してきた。

 同町の担当課によると都内や県外からも多くの参加があり「まちを知っていただく機会になった。広報力に驚いている」と話す。

7月下旬の発行号で海老名の魅力を発信

 海老名市が媒体に取り上げられるのは7月下旬に発行されるジャフメイト8・9月合併号の予定。市内にある飲食店やイベントなどを中心に海老名の魅力を発信する情報が特集される。また会員以外の市民も参加できる交通安全イベントや講習会も今後、開催される予定だという。

きっかけは「市長への手紙」

 市民の声を市政運営に活かそうと1973年から始まった「市長への手紙」。昨年9月に市民から寄せられた「JAF情報誌に市をPRしてみては」という提案から今回の協定締結が実現した。

 市情報発信課によると、市役所や各地域のコミュニティセンター、文化会館など、市内の46カ所に投書箱が設置されており、年間600通ほどの手紙が寄せられているという。

専用の葉書と投書箱はコミセンなど46カ所に設置されている
専用の葉書と投書箱はコミセンなど46カ所に設置されている

海老名版のトップニュース最新6

関東大会に出場

海老中吹奏楽部金管八重奏「金八」

関東大会に出場 文化

アンサンブルコンテストで

1月17日号

本郷の武井さんがV2

県いちご品評会(果実の部)

本郷の武井さんがV2 経済

「高級ブランド化めざす」

1月17日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

新会館建設に注力

商工会議所三田会頭

新会館建設に注力 経済

将来を見据えたサービスを

1月10日号

大澤さん(門沢橋在住)が選出

東京五輪聖火ランナー

大澤さん(門沢橋在住)が選出 社会

6月30日に走行

1月1日号

将来を見据えた動きを

将来を見据えた動きを 政治

内野市長、新春インタビュー

1月1日号

平成から令和へ1年間の振り返り(下半期編)

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

真打噺家の落語会

河の手ギャラリー

真打噺家の落語会

22日 林家たけ平さんが出演

1月22日~1月22日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク