海老名版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

「海老名で『第九』を歌おう会」の実行委員長を務める 大西 薫さん 60歳

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena

歓喜の瞬間へまっしぐら

 ○…年末の風物詩「第九」を歌おうと2002年に発足した「海老名で『第九』を歌おう会」の実行委員長を務める。コンサートは1年おきに開催されており、今年12月には「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」が奏でる音色に乗せて、170人の合唱団が歌声を披露する。

 ○…第九との出会いは2年前。会社からの帰り道、たまたま立ち寄った海老名のCDショップに設けられていた同会の特設コーナーを目にした。「生オーケストラをバックに歌えるのか…」。心を惹かれ、入会を決めた。音楽に触れるのは吹奏楽部に所属していた高校時代以来。30数年ぶりに生の音、舞台からの光景、そして一体感が蘇った。「昔の恋人に再会したような感覚でした」と、すっかり第九に魅了され、以来複数の第九を歌う会に入会し、昨年だけでも6回舞台に上るほどの力の入れようだ。

 ○…第九以外にもたくさんの趣味を持つ。会社と地域の野球チーム、ソフトボールチームにも所属。また、地域の緑地整備ボランティアの会長も務めている。「おかげで休日は予定がいっぱいなんですよ」と嬉しそうに笑う。また、犬が好きで、現在は2匹の柴犬を飼っている。雄犬が生まれると必ず「弁慶」と名付ける。「子どもの頃、初めて飼った犬の名前を弁慶にしたから。この間までは4代目弁慶を飼っていたよ」とお茶目な一面を覗かせた。

 ○…8月31日には同会の発会式が行われる。これまでは団員集めや企画などの準備期間だったが、いよいよ年末に向けて本格始動だ。「私は雇われ委員長ですから、そんな…」と言いながらも「お知らせ一つにしても、ニーズに沿ってどう動くか考えたりするのが楽しい」とこだわりは人一倍だ。「一生懸命練習をして、一つのものを作り上げたときの感覚はたまらない。毎年、仲間と別れるのが辛くなるんです」。1年を締めくくる「歓喜」の瞬間に向けて団員を導いていく。
 

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

三輪自転車・四輪自転車を手掛けている

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

座間市立野台在住 73歳

2月14日号

西海(にしがい) 明夫さん

3月1日に開催される「えびな還暦のつどい」で実行委員長を務める

西海(にしがい) 明夫さん

海老名市中野在住 60歳

2月7日号

小林 庄司さん

海老名で第1号の「健康サポート薬局」に認定された「ガーデン薬局」の局長を務める

小林 庄司さん

国分北在住 72歳

1月31日号

鶴田 雅之さん

海老名e―Sports協会の会長を務める

鶴田 雅之さん

中野在住 40歳

1月24日号

石田 忠さん

「えびな・おもちゃ病院」の代表を務める

石田 忠さん

国分寺台在住 76歳

1月17日号

熊切 圭吾さん

成人式の実行委員長を務める

熊切 圭吾さん

上今泉在住 20歳

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク