海老名版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

海老名総合病院の院長に就任した 服部 智任さん 河原口在勤 54歳

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena

経験生かし地域に存在感を

 ○…超高齢化社会が日本全体でも叫ばれ、海老名もその例外ではない。それに合わせて病院不足の問題や医療に対しても高い技術が必要とされる中、「海老名総合病院」では、より複雑な病態でも対応できる高度急性期医療の提供と地域密着という2大テーマのもと、新たな指揮官のもとで4月からスタートを切った。

 ○…おじが医療関係に従事していたこともあり、幼少時代から医療に興味を持っていた。小学生のアルバムなどには「将来は『医者になる』と書いてありますね。憧れ的なものがあったのかも知れません。勉強は好きじゃなかったけど」と微笑む。人と接することが好きで役に立ちたいという思いも強く、ブレることなく医療の道を歩み続け、大学卒業後は東京の大学病院に就職。「家には服を取りに帰るぐらい。ほぼ全ての時間を病院内で過ごしていたので、身体がついていくのが大変でしたね」と駆け出しの苦労も教えてくれた。

 ○…「仕事が趣味になっています」と話す一方で、病院以外のプライベートについては「家に帰るとゴロゴロとしていますね。悲しいかな」と笑いを誘う。時間に追われる忙しい日々を過ごす中で、合間を見つけてするジョギングや妻と美術鑑賞に行くなど、ゆったりした生活を送ることも。子どもたちはすでに自立しているが、子育て中は「負けず嫌いなこともあって子どもには厳しかったですよ。今思うと反省です」と父としての一面も覗かせた。

 ○…押しつける医療ではなく、受診や病気説明に関しても分かりやすい病院を目指す同院。「以前は医療提供側が大部分を任せられていたこともあり『私が良いと思っているものは良いに違いない』と驕る若い時代もあった」と告白。そんな経験も踏まえた上で現在は、院長としてスタッフのポテンシャルを引き出し、社会に応える存在として前進し、どんな事でも真心を持って取り組んでいく。モットーは「常行一真心」。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

58歳

8月27日号

牧 篤矢さん

ビーチテニス日本代表として10月のワールドカップに出場する

牧 篤矢さん

綾瀬市深谷上在住 24歳

8月20日号

吉川 精一さん

大和税務署管内団体長会の会長を務める

吉川 精一さん

座間市入谷西在住 71歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook