海老名版 掲載号:2015年11月6日号 エリアトップへ

海老名JCT ランプウェイを2車線に 渋滞解消に向け「暫定措置」

経済

掲載号:2015年11月6日号

  • LINE
  • hatena
従来(上)と現状の比較図
従来(上)と現状の比較図

 中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)は、海老名ジャンクション(JCT)で頻繁に発生する渋滞を緩和させるため、同箇所の外回り方面のランプウェイ(道路同士を連結させるための部分)の暫定的な「2車線運用」を、10月30日から開始した。

 海老名JCT周辺は、1日に約2万3千台の交通量があり、東名高速と圏央道の合流部(左図参照)は、一時的に1車線になる「ボトルネック化」等が原因で、主に平日の通勤時間帯などに渋滞が発生している。

 NEXCO中日本では、こうした運転ストレスを緩和するため、道路幅は変更せずに、車線幅や路肩幅を狭めることで暫定的に2車線運用を行うこととした。 期間は、東名高速道路と並行する新東名高速道路の海老名南JCT―伊勢原JCT間が開通する2018年度までを予定しているという。

合流、スムーズに

 県央エリアを走る高速道路の通行台数は、10月末に開業した大型商業施設「ららぽーと海老名」の影響などもあり増加の一途を辿っている。さらに圏央道が埼玉県内で全線開通し、関越道や東北道といった主要な大動脈と接続したことから、さらなる渋滞も懸念されていた。今回海老名JCTの2車線運行に踏み切った同社・厚木工事事務所ではまず「従来より車線、路肩の幅が狭くなったので通行の際はより安全運転を」と呼び掛ける一方で「以前より渋滞の長さも短くなり、スムーズに運行できるようになったのでは」と分析。ドライバーからも好評を博しており「暫定ではなく、ぜひ常時2車線化を」といった声も寄せられている。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

学校再開へ

学校再開へ 教育

6月1日から、夏休み短縮も

5月29日号

説明会に2陣営

綾瀬市長選挙

説明会に2陣営 政治

コロナ禍の実施、準備入念に

5月29日号

綾瀬と海老名で振込開始

綾瀬と海老名で振込開始 社会

特別定額給付金、1人10万円

5月22日号

現職18人が出馬意向

座間市議選本紙調査

現職18人が出馬意向 政治

中澤氏と加藤(陽)氏は引退へ

5月22日号

PCR検査を実施

海老名市医師会海老名市

PCR検査を実施 社会

コールセンター経由の予約制で

5月15日号

持続可能な地域医療へ

タウンレポート

持続可能な地域医療へ 社会

オンラインで感染リスク軽減

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク