海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

優成サービス開発「トイレカー」 「新たな福祉車」北海道へ 公用車採用で全国普及に一歩

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
リフトが装備され、車いすでも困らないトイレカー
リフトが装備され、車いすでも困らないトイレカー

 市内国分南の警備会社「優成サービス(株)」(八木正志代表取締役社長)が開発した「福祉バイオトイレカー」がこのほど、北海道苫小牧市の公用車として導入されることが決まった。同社にはかねてより各地から問合せが寄せられていたこともあり、これを皮切りに、全国普及への大きな可能性が出てきた。

 「トイレカー」は、身体障がい者や高齢者が車いすに乗ったまま使用できる車で、シャワー室や、緊急呼び出しボタン、AED装置などの設備を整えている。車内のトイレに出した排泄物はオガクズを利用したバイオの力で処理する事で、無臭かつ衛生的な室内環境を維持できるという。

 中心地の飲食店街に障がい者が使えるトイレを持たない苫小牧市では、この機能を備えた「トイレカー」に着目した。市民や団体からの多目的トイレの設置要望や、用地確保・維持管理などの課題を抱えていたことが背景にあった。

 「ふくし大作戦」を今年度のテーマに掲げる同市は、市議会6月定例会にトイレカー事業費の補正予算として約1900万円を計上。議会の可決を受け、7月中に契約を行い、12月の運用開始を予定している。年間の稼働件数は50回程度を見込んでいるという 

被災地での実績評価

 トイレカーは「えびな市民まつり」や「県障害者スポーツ大会」など屋外イベントで毎年活躍している。また、東日本大震災の際にはトイレ不足だった被災地で活用され、1年半にわたり支援を続けた。

 苫小牧市では「災害時の活動実績は大きな付加価値となっている。設置型トイレよりも使途が多く利用価値が高いと判断した」と導入に踏み切った理由を話す。

 同社の八木代表は「行政の購入は初めて。7年かけてきたものが認められ、嬉しい。障がい者や高齢者が外出先で安心して過ごせるような環境にしたい。2020年のパラリンピックや大災害に備えて、トイレカーを日本全国に広められれば」と話している。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

学校再開へ

学校再開へ 教育

6月1日から、夏休み短縮も

5月29日号

説明会に2陣営

綾瀬市長選挙

説明会に2陣営 政治

コロナ禍の実施、準備入念に

5月29日号

綾瀬と海老名で振込開始

綾瀬と海老名で振込開始 社会

特別定額給付金、1人10万円

5月22日号

現職18人が出馬意向

座間市議選本紙調査

現職18人が出馬意向 政治

中澤氏と加藤(陽)氏は引退へ

5月22日号

PCR検査を実施

海老名市医師会海老名市

PCR検査を実施 社会

コールセンター経由の予約制で

5月15日号

持続可能な地域医療へ

タウンレポート

持続可能な地域医療へ 社会

オンラインで感染リスク軽減

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク