海老名版 掲載号:2016年9月16日号 エリアトップへ

海老名駅駅間地区 新名称は「めぐみ町」 扇町北側「泉」も同時施行

社会

掲載号:2016年9月16日号

  • LINE
  • hatena
開発が進む駅間地区
開発が進む駅間地区

 小田急電鉄(株)が開発を進めている海老名駅駅間地区の住居表示が、「めぐみ町」にこのほど決まった。対象となるのは、市立中央図書館や市文化会館を含む市内上郷の約19ヘクタール。現在エリア内に居住者はいないが、今後高層マンションなどの建設が予定されており2500人ほどの人口増が見込まれている。新名称の施行は来年2月13日。

 駅間地区は、小田急線とJR相模線の海老名駅間に広がる事業用地。駅前開発で隣接地に新たな町が誕生するため、単独の町名が設けられた。

 新名称については現在居住者不在であることから、市が地権者である小田急電鉄(株)と民間企業の2者と議論を重ねてきた。数ある候補の中から、「海老名に恵みをもたらす街になれば」という願いを込め「めぐみ町」が選ばれた。

 関連議案が現在開会中の市議会9月定例会に提出され、8月31日に全会一致で可決。正式決定となった。来年2月13日に施行され、めぐみ町が誕生する。

約2500人増見込み

 駅間地区のうち約3・5ヘクタールは、高層分譲マンションなどの住宅エリアと、オフィス・商業施設などの2エリアに分けられる。地権者である小田急電鉄(株)が10月以降に開発を進める計画で、完成は2025年度を予定。マンション等の建設により、約2500人の人口増が見込まれる。

同時施行の新町名「泉」

 昨年7月に住民アンケートが行われ、4案の中から選ばれた扇町北側の新名称「泉」も、めぐみ町と同じく2月13日に施行される。上郷・上今泉・下今泉の住所が入り組んだ地であったため、今回、1つの住居表示に統一されることとなった。めぐみ町と泉が新たに誕生することで、市全域の地名は29になる。
 

海老名版のトップニュース最新6

関東大会に出場

海老中吹奏楽部金管八重奏「金八」

関東大会に出場 文化

アンサンブルコンテストで

1月17日号

本郷の武井さんがV2

県いちご品評会(果実の部)

本郷の武井さんがV2 経済

「高級ブランド化めざす」

1月17日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

新会館建設に注力

商工会議所三田会頭

新会館建設に注力 経済

将来を見据えたサービスを

1月10日号

大澤さん(門沢橋在住)が選出

東京五輪聖火ランナー

大澤さん(門沢橋在住)が選出 社会

6月30日に走行

1月1日号

将来を見据えた動きを

将来を見据えた動きを 政治

内野市長、新春インタビュー

1月1日号

平成から令和へ1年間の振り返り(下半期編)

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

真打噺家の落語会

河の手ギャラリー

真打噺家の落語会

22日 林家たけ平さんが出演

1月22日~1月22日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク