海老名版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

今里在住清水さん 世界で活躍する野球審判員 スポーツ庁から奨励

スポーツ

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
奨励を受けた清水さん
奨励を受けた清水さん

 野球の審判員として世界規模で活躍している清水康大さん(今里在住・43)がこのほど、「平成29年度スポーツ庁長官奨励」を受賞した。昨年から始まった制度であるが、野球部門での奨励者は全国で20人のみ。清水さんは「大変名誉な事で嬉しい。職場や家族の理解があってこその賞。支えてもらっている皆様に感謝したい」と話していた。

 この制度は審判員として優れた資質を有し、世界的な規模の競技大会における活動を通して、日本のスポーツ振興・国際的な地位向上に資することが期待される団体・人に対し、スポーツ庁長官から奨励されるもの。今回の奨励者は35団体133人おり、このうち野球関係者は10人だった。

 スポーツ審判員の多くは他の職業と兼務しており、職場の理解を得た上で国際的なスポーツ大会で審判を務め活動を続けている。スポーツ庁では同賞を設けることによって、審判員を社会的に支援していくことも目的の一つとしている。

 清水さんは日米大学野球、社会人選抜の東アジア大会、U18の世界大会等さまざま舞台を経験。普段は軟式野球から高校、社会人野球の審判を務めている。日本で30人しか持っていない「S級ライセンス」という最高位の審判資格を保持し、神奈川県内では指導者としても活動している。

 一方、仕事は海老名消防署の救急隊員として勤務。プロ野球選手か消防士という幼少時代の夢を、片方叶えた形で1993年に入庁した。「その人のために最善を尽くす」というモットーのもと、日々の業務に取り組んでいる。

五輪出場を目指して

 高校野球児だった清水さん。しかしながら、高校時代は夏の甲子園大会では1試合の勝利も収められず、悔し涙を流したのは今でも鮮明な記憶として残る。卒業後は野球人生が途絶えたかに思えたが、職場の先輩から「審判をやってみないか」と誘いを受け、再びグラウンドに立った。「選手として芽は出なかったものの、審判として大舞台に立っているのは不思議な思い。先輩たちのご尽力により、門戸は広がっている。誰でも可能性があることを知ってもらえれば」と熱弁する。

 ”最善を尽くす”のは職場だけではない。審判においても、人生の一球を決める立場であることから、全力で役割をこなしている。

 今後について清水さんは「何事もそうだけれど、残念ながら突然上手くなる事はない。技術・メンタル・信頼を積み重ね、2020年の東京五輪に向けて日々取り組んでいきたい」と、次の目標に向かっている。

海老名版のトップニュース最新6

高札を特別公開

歴史資料収蔵館

高札を特別公開 教育

150〜300年前の時代を見る

8月23日号

高木さんが全国優勝

大谷小5年

高木さんが全国優勝 スポーツ

空手 5年女子・形の部で

8月23日号

全6部門を総なめ

中農高

全6部門を総なめ 教育

農業甲子園で、県制覇

8月16日号

全6部門を総なめ

中農高

全6部門を総なめ 教育

農業甲子園で、県制覇

8月16日号

看板デザインを一新

こども110番の家

看板デザインを一新 文化

構想から4年 悲願の制作

8月16日号

市内初、川柳協会が発足

市内初、川柳協会が発足 文化

今後の普及に向けて一歩

8月9日号

3年で「待機児童0(ゼロ)」へ

3年で「待機児童0(ゼロ)」へ 教育

保育所の新設等で対応

8月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク