海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

「海老名で第九を歌おう会」の団長を務める 上田 尚輝(なおあき)さん 社家在住 52歳

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

本気の姿勢が感動を生む

 ○…年末の風物詩で知られる「第九」。プロオーケストラをバックに誰でも大舞台に立つ事ができ、海老名でも文化として根付いてきた”年末の感動”を広めるべく、団長に就任した。第九に参加したのは今回で2度目と経験は少ないながらも、その思いは人一倍強い。「初めて聴いた時の衝撃、一緒に歌った時の感動は、人生の中でなかなか味わえるものではない。それほどまでに『海老名の第九』は良いもの」と言葉にも熱がこもる。

 ○…芸術劇場有する横須賀でクラシック好きの両親のもとに生まれ、地元以外でも超一流といわれる音楽に触れてきた。第九との出会いは20代の時。今では5000人が参加する「墨田区」の第九に魅了された記憶から、月日は流れ3年ほど前、モーツァルトの不朽の名作「レクイエム」が海老名で公演される事を知り、聴きに行くことに。「今では本当に失礼ですが、こんな凄い名曲を海老名で出来るのか…と半信半疑だったが、想像を超えるハイクオリティで素晴らしい公演だった」と心動かされ、指揮者と合唱団が参加する「海老名の第九」に飛び込んだ。

 ○…”好きこそ物の上手なれ”。音楽が生活の一部となっていた幼年時代には、学校内の放送委員に所属し、イベントなども任された事から音響に興味を抱いた。その探求心は大人になっても止まらず、専門学校の講師や高級オーディオメーカーに勤務し、その技術を磨き活かしてきた。

 ○…音響のプロだが、演奏も合唱経験はなく、音符も読めない。方法は体で覚えるのみ。それでも厳しい指導に向き合い、上のレベルを目指す。「遊びじゃダメ。来てくれたお客様を感動させる為にも本気で練習に励む。だから楽しいし、自分もまた一つ感動の達成感を味わえる」と微笑む。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

大岡 愛さん

個人輸入したマスクに応援メッセージ動画をつけて座間市に寄贈した

大岡 愛さん

座間市在住 タレント

5月29日号

峯尾 晃さん

第49回県施設野菜共進会で農林水産大臣賞を受賞した

峯尾 晃さん

綾瀬市上土棚南在住 66歳

5月15日号

荒井 政晴さん

海老名警察署の第16代署長に就任した

荒井 政晴さん

海老名市大谷在勤 58歳

4月17日号

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク