海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

市内初、川柳協会が発足 今後の普及に向けて一歩

文化

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
海老名市川柳協会の立ち上げに尽力したメンバー
海老名市川柳協会の立ち上げに尽力したメンバー

 五・七・五の音を持つ日本独自の歌”川柳”。この魅力を広げようと、市内で初めて「海老名市川柳協会」が発足した。さらなる振興を目的としての設立で、愛好者が集える新たな文化コミュニティの場となる。初代代表を務める山口珠美さんは「皆様のお力添えがあったからこそ、立ち上げに漕ぎ着けた。この感謝を忘れず、川柳の魅力発信に努めていきたい」と話している。

 同協会の発足には、2017年から活動しているサークル「海老名 川柳天馬」の尽力がある。月に一度、勝瀬文化センターに会員が集まり、互いに作成した川柳の講評や、外出イベントなどを設け、交流を図っている。

 設立当初は10人ほどだったメンバーは現在32人に増加。川柳の魅力を海老名市はもちろん県央地域に広めていくため、発表機会の拡大や交流・連携できる場を作ろうと、18年から”協会”発足に向けて動き出していた。

 協会の立ち上げに際し、海老名市文化団体連合会に参入。春・夏の文化祭での発表ほか、外部から講師を招き開催する川柳上達の講演会といったイベント開催も予定。現在は天馬が協会の傘下に入り1協会1団体となっているが、今後新しくできたサークルが活動しやすいように環境を整えていくという。

 同協会・団体への問合せは山口代表【電話】090・2148・7422へ。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

子育ての悩み共有の場に

えびなエールの会

子育ての悩み共有の場に 教育

親同士の生の声、情報交換

2月28日号

フリーアドレス試行へ

綾瀬市

フリーアドレス試行へ 社会

働き方改革で民間と連携

2月28日号

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク