海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

海老名総合病院 コロナ病床を増床 一般患者の入院にも影響

社会

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
海老名総合病院東館
海老名総合病院東館

 海老名総合病院(社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス・服部智任病院長、病床数479)は、県内感染者増加に伴い、新型コロナ中等症専門病棟の病床数を1月13日から4床増床し30床にした。

 コロナ専門病棟は同院から500メートル東の東館に昨年5月に設置された。同院は県重点医療機関に指定され、当初は22床で県内の中等症患者を受け入れてきた。

 県内での患者数増加に伴い、昨年12月14日に4床増床し26床まで増やしたが、年末年始にかけて満床状態が続き、入院の要請があっても新たなコロナ患者を受け入れられない状況が続くようになった。1月7日には6件の要請に応じられなかった。

 13日からの増床では、医療スタッフを拡充する必要があり、本館の14床を閉鎖し、看護師3名を東館に配置するなど、地域医療を支える一般病棟にも影響が出ている。

 また1月6日付で黒岩知事より病院長宛に「入院・手術の一時停止」について要請があったため、医師が緊急を要しないと判断した入院や手術について、患者の了承を得て延期を決めている。12日から14日の3日間で同院への入院を延期した一般患者の数は40人に上っている。

 同院ホームページでは緊急のお知らせとして、増床により「本館での通常業務が、一部制約を受ける場合が考えられる」と患者に理解を求める病院長のメッセージが掲載されている。

 同院は、地域医療を守る観点から「コロナ感染の疑いがある人は、保健所からの連絡が待てないからといって直接来院するのではなく、必ず保健所の指示に従ってほしい」と述べた。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

苦渋にじむ現実路線

座間市当初予算案

苦渋にじむ現実路線 政治

自己採点は「50点」

2月19日号

利用期間延長へ

座間市商品券

利用期間延長へ 政治

追加経費1,100万円、専決処分

2月12日号

座間はLINEでも

ワクチン接種予約

座間はLINEでも 社会

24時間受付可能

2月12日号

センバツ出場決定

東海大相模

センバツ出場決定 スポーツ

2年連続12回目

2月12日号

週6日、弁当配達

東柏ケ谷サムタイム

週6日、弁当配達 社会

「協力金」見込み、医療機関応援

2月5日号

事業系ごみ大幅減

本紙調べ

事業系ごみ大幅減 社会

搬入量、コロナ禍を反映

2月5日号

24時間、安心のホットライン

大和、海老名、座間、綾瀬。県央のお葬式、お仏壇、樹木葬も。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シニアライフいきいき応援窓口

外に出て何かしたい。仕事、趣味なんでもまず相談 090-2315‐5361

https://webc.sjc.ne.jp/zama/index

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月13日11:51更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク