海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

海老名総合病院 重症者も受け入れへ 県内病床ひっ迫に備えて

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
海老名総合病院
海老名総合病院

 海老名総合病院(服部智任病院長)は5月26日、コロナ感染第4波への対応として県の新たな指標「病床確保フェーズ」が最も深刻な「フェーズ4」となった場合にコロナ重症病床を3床設けると発表した。

 海老名総合病院は県の重点医療機関に指定され、昨年5月1日から本館とは別棟の東館をコロナ専用病棟として中等症患者を受け入れてきた。重症患者の受け入れは、スタッフの人員確保や病棟設備などを考えて行わず、入院中の中等症患者が重症化した場合は転院としてきた。

 ところが感染者が増加した今年1月の「第3波」では、海老名総合病院でも要請のあった患者を断ることや、重症化した患者の転院先が満床になる事態が発生。大阪府や兵庫県で重症患者対応ができないことにより中等症・軽症患者の治療にも大きな影響が出たことも考慮し、重症患者の対応を行うことを決めた。

 受け入れは常時行うものではなく、神奈川県独自の指標「病床確保フェーズ」が最も深刻な「フェーズ4」に達した場合に対応する。病床確保フェーズは、県が今年4月に第3波の検証をふまえて病床確保を見直したもので、第3波の最大入院数の1・5倍までを受け入れられる計画。海老名総合病院ではフェーズ4において、重症病床数は3床、中等症病床数は38床を確保する。

「できること全て」

 服部病院長は「地域の皆さまに安心していただけるよう、私たちもできることは全てやる覚悟で臨みます。『フェーズ4』での受け入れ体制では一部通常医療に支障が生じる可能性がありますが、ご理解をお願いします」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

2月以降に本格化へ

ワクチン3回目接種

2月以降に本格化へ 経済

自治体、年末にかけ準備佳境に

11月26日号

用地取得が白紙に

綾瀬市道の駅整備

用地取得が白紙に 経済

開業時期、見通し立たず

11月26日号

テレワーク施設に改修

座間市商工会本館

テレワーク施設に改修 経済

創業準備の場にも

11月19日号

来年1月に閉店へ

相鉄ローゼン国分寺台店

来年1月に閉店へ 経済

惜しむ声、不安の声も

11月19日号

駅前の再整備が完了

座間駅東口

駅前の再整備が完了 社会

「ざまにわ」オープン

11月12日号

ネット投票を呼びかけ

公共建築グランプリ

ネット投票を呼びかけ 社会

海老名、座間、綾瀬の3施設も

11月12日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

寛ぎの1日1組貸し切り家族葬式場「ゆかりえ」

https://www.fujimishikiten.co.jp/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店5店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

https://kato-koumuten.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook