座間版 掲載号:2011年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

東地区文化センターの不登校講座に協力する「座間の不登校を語る会」会長 阿部 敏明さん 相模が丘在住 63歳

みんなの聞き役

 ○…いじめや家庭問題、学力の遅れなど、不登校になる理由はさまざま。思いもよらない出来事がつまずきになることも多いという。学校にいけなくなった子どもたちに勉強を教え、保護者と語り合う「不登校を語る会」で、最も寡黙ながら会長を務める。このほど東地区文化センターで開講される不登校講座に協力する同会。「不登校を恐れなくていい。明日からの自分を見つけられるような環境を増やしたい」と、10年以上に渡って積んできた経験を生かす。

 ○…近隣との交流が少なく老後の不安から、最初は単なる思い付きで始めたボランティアだった。自宅からほど近い北地区文化センターで、不登校児が集まる学習支援”フリースペース”に参加。週2回、2、3人の子どもを相手に、地域の人や大学生、時に現役の学校教師とも一緒になって勉強を教えた。受験シーズンには面接と作文対策。「ただ送り出すのではなく自信をつけさせてから」。いつからか自分のためでなくなった。今年で7年目を迎え、関わった子は100人に上る。成長見たさに体育祭や地域解放の授業参観に必ず顔を出し、一人ひとりへ季節ごとに便りを送る。

 ○…博多生まれ。上京して、大学を卒業した後は10年間旅行業に従事し、その後、大学や専門学校の広報に転職。現在も7時半始業の毎日を送る。34歳で結婚し1人息子を授かった。阪神大震災の翌年に神戸へ単身赴任。仮設住宅暮らしの子どもを見かけては勉強を教えたという。学習指導が高じてか大の歴史好き。読書にとどまらず、13年間参加している小田原の大名行列では、武将仮装のとりこ。

 ○…多忙な中でのフリースペースも「家族あっての活動」。妻や息子と談話する時間が何より至福のひととき。誰が相手でも始終聞き役ですべて吐き出させるのが鉄則だとか。「悩みすぎず明るく陽気に。ひとつ誇れるものがある、たくましい子が増えるように」
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク