座間版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

座間市母子福祉白梅会の会長を務める 関根 弘子さん 相模が丘在住 70歳

「笑って朝を迎えよう」

 ○…「根ほり葉ほり事情を聞かないことが大切。相手が心を開いてくれるまで待ちます」―。母子家庭の母親などが60人ほど在籍する白梅会に入会して39年、会長を務めて15年。1人で子どもを抱える母親の心のケアに大事なのは、バランス感覚だという。相手の心に近づき過ぎず、離れ過ぎず、そっと寄り添うように接している。一方で、会員から教わることも多い。「白梅会の皆には育ててもらっています」と感謝の気持ちを抱いている。

 〇…夫が病気で亡くなったのは1972年のこと。それから9歳、6歳、3歳の子どもを女手一つで育ててきた。昼も夜も働く日々が続くなか、支えとなったのは子どもの優しさ。夜遅く帰宅すると、長女がお風呂を沸かして待ってくれていた。「今みたいに追い焚き機能が付いていなかったけど、帰る時間に合わせて焚き直してくれていました」と目を細める。現在では8人の孫ができ、季節ごとに家族全員が集まる。70歳の誕生日には家族からお祝いメッセージの色紙をもらった。「ねる間も惜しんで働いた日々の中 ひろい心で育ててくれたね」と書かれた色紙は、何よりの宝物だ。

 〇…趣味は絵手紙。季節を感じさせるものを題材に、自由に絵を描く。もともとは絵が苦手だったが、師事していた先生の「キュウリを描いてもナスとは言われないよ」という言葉に後押しをうけて、「自分でもできる」とのめりこむようになった。今では仲間と月に一度、病院で慰問展示をしている。長女からは「お母さんは今、青春しているんだね」と言われているそう。

 〇…「同じ朝を迎えるなら、笑って迎えよう」。夫が亡くなりつらい日々が続いたが、「子どもはもっと悲しいはず。沈んでいては駄目」と何事も前向きに、明るく取り組むようになった。日々の生活で心がけているのは、「いつでもニッコリ笑う」。嫌な事があった時も落ち込んだ時も、常に笑顔で前を向く。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク