座間版 掲載号:2014年1月17日号
  • googleplus
  • LINE

児童発達支援事業「座間市サニーキッズ」の園長を務める 永田 智子さん 緑ケ丘在勤 35歳

「良い所探しの名人に」

 ○…決定的なきっかけがあったわけではないが、高校生の時には既に自分の中で「福祉の道に進む」という強い意志があった。福祉の専門学校に進学し、市内小松原にある障がい者総合福祉施設「アガペセンター」に入職。身体介護に10年以上従事した。2012年、同センターが運営する児童発達支援事業「座間市サニーキッズ」の園長に抜擢。立場も仕事も、そして何より障がいとの関わり方が変わったことに戸惑ったが、模索しているうちに新たなやりがいと出会った。「今の役目は、お子さんだけでなく、そのお母さんの背中を押すこと。お母さんにも自分らしく生きて欲しい」

 ○…サニープレイス座間の一角に位置する座間市サニーキッズには、発達に心配や障がいのある0〜5歳の子どもたちとその家族が集まる。その多くが戸惑いや不安を抱えて来園する。「ただでさえ、子育てには不安が伴う。1歳児のお母さんは、お母さん1年生だから」。時には取り乱し、涙を見せる母親たちもいる。そんな時には、より明るく声をかける。「良かったですね、悩みを誰かに伝えることができれば、一歩前進です。もっと発散しちゃいましょう」――。

 ○…トレードマークは、満開のひまわりのような笑顔。その明るい表情と弾むような声は、相手に大きな安心感を生み出す。「たまに真顔でいると、『今日、具合悪いの?』なんて言われちゃって」とくすくすと笑う。

 ○…園長に就任し、もうすぐ丸2年。決まった正解がある仕事ではないが「そこが福祉の仕事の魅力」と楽しげに語る。将来の大きな目標はあえて持たない。いつまでも変わらずに、必要としてくれる人の一番近くにい続けるのが目標だ。「あとは、皆の良い所を探す名人になりたいです。マイナスは目につきやすいけれど、プラスを探せる人は意外と少ないから」。あらゆる物事や思いを受け入れ、プラスに導き続ける。
 

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク