座間版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

東日本大震災の学習会を開く「3.11を想う会」の代表を務める 一政 伸子さん 栗原中央在住 51歳

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena

「見た者」の責任果たす

 ○…「『考える』『忘れない』…。会の名称について色々と考えましたが、私たちが被災者や被災地のことを『想い続ける』ことが大事だと思って」――。今月で結成1周年を迎える市民グループ「3・11を想う会」の発起人で、今は代表を務める。東日本大震災から3年2カ月が経ち、その記憶や復興支援の想いが薄れるなかで、市民向けの学習会を6月7日に行う。「被災地の今を多くの人に知ってほしいです。そして、想いの輪が拡がっていけば」と期待を寄せる。

 ○…被災地に初めて足を運んだのは2011年8月。訪れた宮城県石巻では、半年という時間経過を忘れるような「衝撃的な」光景が広がっていた。瓦礫が残り、津波の襲来を受けた住宅は1階部分が全壊。2階の一部が震災前の状態で残っており、その落差が心に焼きついたという。さらに、翌年に再訪した時も、爪痕は深く残っていた。「思っているだけじゃ駄目。行動しないと」と友人に相談を持ちかけて、発足にこぎつけた。地域で仲間を募り、市民グループを作るのは初めての経験だったが、「被災地を見た者の責任」と「信頼できる仲間たち」が活動を後押ししている。

 ○…約15年、生活クラブ生協の活動に携わっている。役員として日本全国の産地を飛び回った。これまでの活動で出会った人々は、1千人近くに上るという。その出会いの中で、人の魅力や、信頼し信頼されることの大切さを学んだ。「人好き」な性格は生産者にも伝わり、「あなたがいると安心できるね」とうれしい言葉をもらった。

 ○…夫、2人の娘さんと暮らす。忙しい生活のなかで、自作のおつまみと一緒に晩酌するのが癒しの時間だ。将来の夢が1つある。地域住民が集う「コミュニティ居酒屋」を創ることだ。料理の好きな人が日替わりで店主を務めたり、働く母親のために「塾弁」を提供したりと、今からアイデアを膨らませている。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク