座間版 掲載号:2014年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

座間ママチャリフェスタ2014の実行委員長を務める 古木章祐(しょうすけ)さん 入谷在住 74歳

若い力、温かく見守る

 ○…ママチャリの耐久レース、自転車安全教室、落語の寄席を通じて、交通安全を啓発する「座間ママチャリフェスタ2014」。奉仕団体・座間ロータリークラブの45周年事業として行われるフェスタで、実行委員長を務める。普段ロータリークラブと触れ合う機会が少ない母親や子どもに向け、「クラブのことを知ってもらう良い機会」と期待している。

 ○…ロータリークラブに入会したのは30年以上前。若くして入ったが、長い月日が経ち、気付けば年長者の部類に入るようになった。近年は、若手の活躍が目覚ましいという。ママチャリフェスタも、若い会員たちが精力的に動いてくれている。「私には思い浮かばないようなアイデアが出てくる。新しい風がクラブに入ってきているのを感じますね」――。実行委員長として、頼もしい後輩たちの「新しい挑戦」を温かく見守っている。

 ○…鈴鹿明神社(入谷)の宮司を務める。生まれは大阪で、高校進学と同時に上京。世田谷八幡宮でアルバイトしたことがきっかけで、今の道を志した。27歳の時には、知人の紹介で鈴鹿明神社に婿入りした。神職を務める上で、心がけていたのは、地域に溶け込むこと。氏子の役員たちとお酒を酌み交わしたりして、交友を深めた。「一晩一緒に飲んで話せば、親近感がわくもの」。気付けば、「よそ者じゃない。立派な地の人間だよ」と言われるようになっていた。30代という若さで宮司に就任した時も、「人生の大先輩」たちにお世話になった。「『章ちゃん』なんて呼んでくれて可愛がってくれましたよ」と当時を懐かしむ。

 ○…人との出会いや交流を大切にし、誰とでも分け隔てなく接する。「宮司」としての威厳に加え、包み込むような温かみのある人柄だ。得意技は「忘れること」だとか。「嫌な事があっても、しばらくすると忘れてしまうんですよ」と柔和な笑顔を浮かべた。

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク