座間版 掲載号:2015年1月23日号
  • googleplus
  • LINE

「第35回 座間市青少年芸術祭」の実行委員長を務める 萩原 正恵さん 南栗原在住 64歳

「座間っ子」見守り19年

 ○…「子どもたちが手掛ける絵は、個性豊かで想像力溢れる作品ばかり」――。昨年までは小・中・高校生などの美術作品が揃う「展示部門」の部門長を務めていた。今年は、展示・人形劇・音楽・舞踊の4部門からなる芸術祭全体のまとめ役を担う。「どの部門も見ごたえ充分。全てに足を運んでもらえると嬉しいです」と呼びかける。

 ○…子どもたちの健全育成を目的に活動する青少年指導員を務めて19年。昨年4月には、47人が所属する「市青少年指導員協議会」の会長に就任した。志を共にする「指導員仲間」は、かけがえの無い存在だ。活動を始めた頃は、夫を亡くして日が浅い時期。協議会副会長に就任した11年前は、自身の体に病気が見つかった。幸い早期の手術で完治したが、闘病生活を強いられた。気が塞ぎやすい時期に助けてくれたのが「指導員仲間」だった。「感謝しても感謝したりない」――。今も、指導員としての仕事が、日々の原動力。「予定が無いと体調が悪くなっちゃうの」と笑う。

 ○…人一倍、正義感が強い。昔、電車で酔っ払いの若い集団と乗り合わせた時のこと。その騒ぎぶりに、乗客が眉をひそめながらも見て見ぬ振りをする中、勇気を振り絞って注意した。「騒いでいた人たちのためにも『言ってあげなくちゃ』と思って。素直に謝ってくれてホッっとしました」。怒るべき時は怒る姿勢は、「大好き」という子どもに対しても同じだ。自転車で車道に飛び出す子を見れば、「飛び出しちゃ駄目!」と愛情を込めて注意する。

○…病気を患った時に大きな支えとなったのが、2人の息子。毎日病院に足を運び、励ましてくれた。手術後には気分転換にとドライブに誘ってくれたとか。「富士山や三保の松原を見て、良い気分転換になりました」と嬉しそうに当時を振り返る。長男は今も「スープの冷めない距離」に暮らしているそう。4人の孫と遊ぶのが最近の楽しみだ。

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク