座間版 掲載号:2015年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

4月から実業団「ルートインホテルズ陸上競技部」に入団する 吉田 菜摘さん 相模が丘在住 22歳

ひたむきに、前向きに

 ○…今月8日のかながわ駅伝でチームの紅一点として4区を任され、座間の名誉を背負い厚木の街を走り抜けた。結果は区間5位。区間賞まであと5秒まで迫った。チーム内では最高の順位だったが「いつものタイムで走れれば、手が届いたはず」と笑顔の中に悔しさをわずかに滲ませる。4月からは、ルートインホテルズ(東京都品川区)の陸上競技部に入部し、実業団入りを果たす。「これからは、プロとして走る。きちんと結果で返したいですね」

 ○…中学の時、友人の兄に誘われて陸上部に入部。はじめは「なんだかキツそう…」と敬遠していた長距離に、気づいた時には「どっぷり」だった。みるみる頭角を現し、学年一の俊足に成長。荏田高校(横浜市)進学後は新人戦から活躍し、県7位で入賞した。松蔭大では女子駅伝部の1期生。「1年目は3人しかいなくて、大会に出場すらできなかった」。徐々に増えた仲間とともに、関東一円の様々なコースを走破。最高の思い出となった。

 ○…年頃の女の子らしく、ファッションにも興味津々。「もし、ルートインホテルズに入れなければ、ショップ店員になっていたかもしれません」。中でも109のアメリカンカジュアルブランドがお気に入りだ。だが、そこにはもう一つの理由がある。「東京の実業団に入らずに陸上を続けるとなると、遠い地方に行く可能性が高かった。一人で私を育ててくれた母を、置いていくのは嫌だったので」――。初任給を手にした暁には、いつも応援に駆けつけてくれる母を旅行に連れて行きたいと、ひそかに考えているという。

 ○…憧れは、高校の先輩である吉川美香選手。ロンドン五輪にも出場した、日本屈指の女子陸上選手だ。「私も、2020年には28歳。今の目標は、吉川選手のように五輪に出場すること。東京五輪で走りたいですね」。トレードマークのはじけるような笑顔とともに、夢にむかって走り続ける。

座間版の人物風土記最新6件

遠藤 佳成さん

座間高の卒業生らで結成し30周年を迎える混声合唱団『全休符』の団長を務める

遠藤 佳成さん

7月27日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

7月20日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

7月13日号

今井 均さん

座間ロータリークラブの会長に就任した

今井 均さん

7月6日号

池脇 哲哉さん

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する

池脇 哲哉さん

6月8日号

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク