座間版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

NPO法人ワンエイドの理事長を務め、フードドライブの取組みを広げる 松本 篝(かがり)さん 相模が丘在勤 51歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

優しさの循環めざして

 ○…一般家庭に眠る食料や、製造過程で発生した規格外品などを企業から募り、生活困窮者へと届ける「フードドライブ」の活動に尽力する。現在、市内外のユーコープ6店舗と協力し、県下初となる店舗内でのフードドライブを実施している。「助かった人が、どこかで困っている人に『手伝うよ』と手を差し伸べてくれると、優しい世の中になっていくと思う」。そう信じ、支援の輪を広げている。

 ○…横浜市で生まれ育つ。子育て中に直面した母の介護をきっかけに、「お年寄りと子ども、両方しっかりやらないと幸せにはならない」と実感。2011年、家事援助や福祉有償運送サービスなどを行う「NPO法人ワンエイド」を設立した。高齢者や生活困窮者をサポートする中で、見えてきたのが食料の問題だ。16年から食品の寄付を募り、イベントなどでフードドライブを実施するようになった。「細かい所まで考えないと、良かれと思ったことが良くないことになる」。支援によってその子どもがいじめられる――。そういった事態を避けるため、細心のケアが必要だと語る。

 ○…習字や読書、息子が出場する自転車レースの観戦など趣味は多い。「とにかく楽しいことが何でも大好き」と朗らかに語る。中でも最近の楽しみは、2人の孫と過ごすひと時。正月には親子4代で埼玉県のスキー場まで旅行へ行ったという。「かわいいでしょ」と、孫の写真を見せながら頬をほころばせる。

 ○…幼少期に体験した、亡き父からの忘れられない教訓がある。とある駅で車いす利用者の移動を手伝った時のこと。「褒めてもらえると思って」と、誇らしげな顔で父のもとへ駆け寄ると、「驕ってはいけない」と諭されたという。「恥ずかしくなった。『いいことをしている』という上から目線は違うと思う」。今なお胸に刻み、横のつながりで支援を広げる。「自分が出来ることの中で、笑える人を増やせたら」

座間版の人物風土記最新6

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

清水 茂久さん

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した

清水 茂久さん

明王在住 73歳

12月6日号

新村 米子さん

カフェきづきで「咲き織り展」を開催している

新村 米子さん

西栗原在住 72歳

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク