座間版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • はてぶ

あすなろ大学展2018の実行委員長として、準備に奔走する 北出(きたで) 允洋(あつひろ)さん 東原在住 74歳

未来志向で生涯学習

 ○…創立30周年を迎えたシニア向け生涯学級「あすなろ大学」。2月9日(金)から11日(日)までサニープレイス座間で行われる大学展の、実行委員長を任された。期間中は発表と展示含め、32の学習成果を見ることが出来る。「自分の専門外の発表も多いはず。色々な角度で物事を見ると、発見も多い」とにこやかに語る。

 ○…生まれも育ちも兵庫県。子どもの頃から機械いじりが好きで、自転車発電などを楽しんでいた。「電気や機械は面白い」と、大学では機械工学を学び、オイルシールメーカーの大手・NOK(株)に入社。材料開発から構造開発までエンジニアとして幅広く活躍し、ウォーターポンプのシールなど多くの商品を世に送り出した。あすなろ大学に関わり始めたのは定年退職後。「過去は問わない、お互いを褒め合う」というのがあすなろのモットーだという。「ケチを付けるのではなく、前向きな意見を出し合うと楽しくなる。年をとってからも違うことに挑戦しなきゃ」と、活動にのめり込むようになった。

 ○…畑作業が心の癒しになっている。じゃがいも、大根、白菜、にんじん、ブロッコリーと育てる野菜も多様。「無農薬だから葉っぱまで食べられる」と笑顔を見せる。好奇心旺盛で、最近は宇宙について興味を持っているという。「地球外の惑星が見えるようになってきて、いろいろな説が出ている」。それぞれの説を整理しながら、はるか遠くのロマンに思いを馳せる。

 ○…「市民に生涯学習を知ってもらい、メンバーが楽しく長生きできるように」。大学展には、この2つの目的がある。今後よりよいものにしていくため、学習内容のジャンルを広げたいと考えている。「昔からやっている先輩の研究に味付けするにしても、自分の足を使うことが重要。より市民に見てもらうため、発表件数を増やしていけたら」。技術畑で育った経験を活かし、未来志向で提言を続けていく。

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

吉田 良子さん

カフェきづき(座間市緑ケ丘5-6-28)で10月末までパッチワーク展を開催している

吉田 良子さん

10月12日号

山田 眞由さん

初代ひまわり王女として、座間市の魅力発信に努める

山田 眞由さん

10月5日号

岡部 恭太さん

初開催の「ひまわり王子&王女コンテスト」でグランプリに輝いた

岡部 恭太さん

9月28日号

鈴木 博美さん

双子以上の子育てを応援するアクティヴ・ツインズを運営する

鈴木 博美さん

9月14日号

遠藤 牧夫さん

世界記録保持者で、高座施設組合屋内温水プールの水泳教室で講師を務めている

遠藤 牧夫さん

9月7日号

和田 好弘さん

あすなろ大学「あすなろ会」会長として、高齢者の生涯学習を支える

和田 好弘さん

8月31日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

集え、パフォーマーよ

集え、パフォーマーよ

第2回コンテスト

11月18日~11月18日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク