座間版 掲載号:2018年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

あすなろ大学展2018の実行委員長として、準備に奔走する 北出(きたで) 允洋(あつひろ)さん 東原在住 74歳

未来志向で生涯学習

 ○…創立30周年を迎えたシニア向け生涯学級「あすなろ大学」。2月9日(金)から11日(日)までサニープレイス座間で行われる大学展の、実行委員長を任された。期間中は発表と展示含め、32の学習成果を見ることが出来る。「自分の専門外の発表も多いはず。色々な角度で物事を見ると、発見も多い」とにこやかに語る。

 ○…生まれも育ちも兵庫県。子どもの頃から機械いじりが好きで、自転車発電などを楽しんでいた。「電気や機械は面白い」と、大学では機械工学を学び、オイルシールメーカーの大手・NOK(株)に入社。材料開発から構造開発までエンジニアとして幅広く活躍し、ウォーターポンプのシールなど多くの商品を世に送り出した。あすなろ大学に関わり始めたのは定年退職後。「過去は問わない、お互いを褒め合う」というのがあすなろのモットーだという。「ケチを付けるのではなく、前向きな意見を出し合うと楽しくなる。年をとってからも違うことに挑戦しなきゃ」と、活動にのめり込むようになった。

 ○…畑作業が心の癒しになっている。じゃがいも、大根、白菜、にんじん、ブロッコリーと育てる野菜も多様。「無農薬だから葉っぱまで食べられる」と笑顔を見せる。好奇心旺盛で、最近は宇宙について興味を持っているという。「地球外の惑星が見えるようになってきて、いろいろな説が出ている」。それぞれの説を整理しながら、はるか遠くのロマンに思いを馳せる。

 ○…「市民に生涯学習を知ってもらい、メンバーが楽しく長生きできるように」。大学展には、この2つの目的がある。今後よりよいものにしていくため、学習内容のジャンルを広げたいと考えている。「昔からやっている先輩の研究に味付けするにしても、自分の足を使うことが重要。より市民に見てもらうため、発表件数を増やしていけたら」。技術畑で育った経験を活かし、未来志向で提言を続けていく。

座間版の人物風土記最新6件

窪 彬久(よしひさ)さん

2月21日・22日開催の「相武台前ちょい呑みフェスティバル」の実行委員長を務める

窪 彬久(よしひさ)さん

2月16日号

松本 篝(かがり)さん

NPO法人ワンエイドの理事長を務め、フードドライブの取組みを広げる

松本 篝(かがり)さん

1月19日号

萩原 一馬さん

大和市デイサービス連絡会の会長を務める

萩原 一馬さん

1月12日号

田川 恵さん

「おはなしぐるーぷ さくらんぼ」の代表を務める

田川 恵さん

1月5日号

西野 貴滋(たかしげ)さん

一般社団法人座間青年会議所の第39代理事長に就任した

西野 貴滋(たかしげ)さん

1月1日号

高橋 茂夫さん

相模が丘で開かれた「ゆめウォーク」を企画した

高橋 茂夫さん

12月15日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク