座間版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

3月4日にかながわ伝統芸能祭に出演する、入谷歌舞伎会の会長を務める 加藤 一さん 入谷在住 77歳

観るより踊ってほしい

 ○…「観るよりね、踊った方が楽しいですよ」。入谷歌舞伎は入谷地区で受け継がれてきた明治20年ごろに定着した地元芸能。一時途絶えていたが、1996年に活動を再開した。結成当時のメンバーで会長を務めるのは2度目。「人前で話すのが苦手でね。セリフだったら台本に書いてあるから大丈夫なんだけどね」と笑う。自らも舞台に立ち演じる。「やってみると楽しさが分かる。やってみるまでのハードルを下げるのも我々の役目かな」

 〇…茅ヶ崎市生まれ。子どものころから踊るのが好きで、盆踊りの季節になれば友だちと連れ立って各地のお祭りで踊った。「バスに乗ってね、色々な会場に行ったよ。楽しかったね」。15歳のころ、日本舞踊も習い始めた。「5、6年教わったかな。黒田節や深川節などを踊ってね。仕事が忙しくなって続かなくなってしまったけど」。父親を手伝い建築関係の仕事に汗を流した。座間に越したのは20代後半。座間での仕事が増えてきたころ。「住宅が少なく、畑が広がっていたね」と振り返る。

 〇…週に1回のペースで稽古を続けている。公演前には稽古回数を増やして、本番に臨む。現在、会員は34人。最年長は84歳。20代の会員もいる。定期的な公演は秋に行われる座間市民芸術祭の舞台。ほかにも舞台を務める。会では高齢者施設などでセリフを教えたり、歌舞伎の歴史を教えたりしている。小中学生にも教えていて、有名な場面を一緒に踊ることも。「最初は恥ずかしそうだけど、慣れてくると喜んで踊ってくれる。そういうのはうれしいよね」

 〇…頭を痛めているのは会員の高齢化と減少。中学生、高校生が会員となって舞台に立ってくれるが、受験や就職などで退会してしまうという。「そういう子どもたちも時期が来れば戻ってきてくれる。それまでがんばんないとね」。腰を痛めシップを貼りながら、舞台と会の存続に尽力する。

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

塚原 信也さん

さきごろ座間警察署と「地域安全に関する協定」を結んだ「塚原クリニック」の院長を務める

塚原 信也さん

12月7日号

吉田 勝雄さん

座間市老人クラブ連合会副会長(文化部)として開催中の寿大学を準備した

吉田 勝雄さん

11月16日号

佐野 友洋さん

11月1日から3日まで「建学祭」を開催する東海大学湘南学生会の会長を務める

佐野 友洋さん

11月2日号

上沢 本尚さん

座間市議会議長に選出された

上沢 本尚さん

10月26日号

長谷山 正範さん

座間市食品衛生協会の会長として、食の安全を守る

長谷山 正範さん

10月19日号

吉田 良子さん

カフェきづき(座間市緑ケ丘5-6-28)で10月末までパッチワーク展を開催している

吉田 良子さん

10月12日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月13日~1月13日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク