座間版 掲載号:2018年5月18日号 エリアトップへ

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した 関 伴治さん 座間在住 78歳

掲載号:2018年5月18日号

  • LINE
  • hatena

理想あれば老いなし

 ○…「32のクラブのトップとして、皆さんの調和を図りながら前進したい」。2025人が加入する座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した。各地域でニュースポーツをはじめとしたレクリエーションや、囲碁・将棋、麻雀などで交流を図る同会。「お互い切磋琢磨したい」と意気込む。

 ○…生まれは山北町。父を早くに亡くし、高校までは兄の営む精肉店を手伝った。「玉ねぎや肉を切るのは得意ですよ」とにんまり。高校卒業後は小田急電鉄(株)に就職し、運転業務に従事。1988年からは4期16年、座間市議会議員も務めた。地域の老人クラブ「座間上宿長寿会」の活動に関わったのは、今から12年前。「同年代と和気あいあいできる場」と、活動にのめりこむように。2年後に同会の会長に就任し、上宿公民館での健康体操や旅行会を定期開催。楽しく集える場を提供してきた。

 ○…趣味はゲートボール。長寿会の活動をきっかけに始めたが、今や1級審判員の資格を持つほどルールを熟知している。「自分の味方をどう有利にするか。お金もかからないし、中国や台湾では若い人もたくさんやっている」と魅力を力説する。5人の孫に恵まれ、来年は結婚50周年の金婚式を迎える。夫婦円満の秘訣は「お互いを責めず、相手の人格を尊重すること」と微笑む。

 ○…65歳以上の老人クラブの加入率は約6%と、会員獲得に苦心する。「老人のイメージを払しょくしたい」と、広報活動の強化が課題。「仕事を終えた元気な人が、仲間作り出来る場にしたい」と意気込む。『年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時はじめて老いる』。詩人・ウルマンの言葉を胸に、「人生、理想を求めながら頑張りたい」と笑顔を見せた。

座間版の人物風土記最新6

濱田 建二(如雪)さん

国立新美術館で開催される(6/26〜)日本教育書道藝術院「同人書作展」に出展する

濱田 建二(如雪)さん

 44歳

6月21日号

荒川 幾夫さん

「座間の森育てる会」の6代目会長を務める

荒川 幾夫さん

立野台在住 79歳

6月14日号

守屋 匠(しょう)子さん

公民館やスタジオでダンスを教えている

守屋 匠(しょう)子さん

座間在住 34歳

6月7日号

尼子(あまこ) 将之さん

陸上自衛隊第4施設群長兼座間駐屯地司令を務める

尼子(あまこ) 将之さん

座間市在住 48歳

5月31日号

迎 隆一朗さん

ワークショップイベント「ZAMAわくわく町工場」の事務局長を務める

迎 隆一朗さん

(有)樹脂リードモデル代表 54歳

5月17日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季座間市をホームタウンにするSC相模原に入団した

稲本 潤一さん

39歳

4月12日号

小林 淳一さん

新しく座間警察署の署長に就任した

小林 淳一さん

 58歳

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

いかに生き延びるか

いかに生き延びるか

防災・減災セミナー募集

7月6日~7月6日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク